マイケル・ベイ、トム・クルーズと撮影実現せず

写真拡大

8月4日の日本公開を控える映画「トランスフォーマー/最後の騎士王」のマイケル・ベイ監督は、トム・クルーズと一緒に映画を製作することについて、話をしたことがあるという。2人は映画作品でタッグを組むため話し合いの場を設けたが、トムのスタントは整いすぎていて監督の好みではなかったと振り返る。

「話し合いはしたよ。でもトムにこう言ったんだ。『トム、君が何度もスタントのリハーサルをするのを知っているよ。でも私は荒っぽいスタントが好きなんだ』。そういうわけで一緒の仕事は意見がかみ合わなくなるわけさ。トムにはスタントのリハーサルをあまりさせないからね」
「私は荒っぽくて少々乱暴なスタントが好きなんだ。『ミッション:インポッシブル』とは違ってね。あの作品で完璧で隙のないスタントを求めるのはわかる。でも私はもっと泥臭くて、荒削りなスタントがいいんだ」

ベイ監督は「トランスフォーマー」シリーズについては「華々しく終わらせたい」ため、すべてをやりきったと話しており、次回作については「シリアスで大人っぽいもの」を手がけるつもりのようだ。

そして監督はこう付け加えた。「私が手掛けたシリーズはどれも超大作だろ。かなりの労力を必要とするんだ。もう十分にやったし、楽しんだよ。最後は派手に締めくくりたかったんだ。いい仕事ができたと思っているし、これから撮りたい作品もまだまだあるからね」「最近かなり残酷な殺し屋の映画の脚本を読んだんだ。読み出したらとまらないタイプの作品だったよ。これを撮ったら良いものになりそうだね。私は『13時間 ベンガジの秘密の兵士』も『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』も楽しかった。次回作はもっとシリアスで大人向けの作品かな」。