重病の猫を優しくいたわる黒猫の「ナース猫」ラドメネサくん(KimfromNorway/Imgur)

写真拡大 (全6枚)

 ポーランドのビドゴシュチュ(Bydgoszcz)動物保護施設に「ナース猫」と呼ばれる黒猫がいます。名前はラドメネサ(Rademenesa)。彼の仕事はケガや病気で弱った動物に添い寝をしてあげること。重病の猫でも、そばに彼がいるだけで落ち着いてスヤスヤと眠れるそうです。実は、猫が喉をゴロゴロ鳴らす音は、健康がすぐれない動物にとって癒しになるのです。

 2014年、ラドメネサは生後2ヶ月の時に、動物保護施設に送られました。当時の彼は気道が感染して炎症を起こし、生きるかどうかの瀬戸際でした。獣医とスタッフの懸命な看護のもと、彼はようやく回復しました。その後、ラドメネサは重病の猫がいると、自ら進んで彼らを看病するようになったといいます。自分が助けられたから、他の猫にも助かってほしいと思っているのでしょうか。

 ところで、ラドメネサは猫だけでなく、犬にも同じく添い寝をしてあげます。猫や犬を優しく抱っこしてあげたり、耳を舐めたりして、彼らが早く元気になるよう心を尽くして看病するのです。

病に倒れた動物の側に静かに寄り添うラドメネサ(KimfromNorway/Imgur)

 

喉をゴロゴロ鳴らして弱っている動物を看病する(KimfromNorway/Imgur)

 

動物を見守り、寄り添う。まるで心を尽くすナースのよう(KimfromNorway/Imgur)

 

ラドメネサが添い寝をすると安心する動物たち(KimfromNorway/Imgur)

 

動物の耳をなめて掃除してあげるラドメネサ (KimfromNorway/Imgur)

 

(翻訳編集・豊山)