『モンスト』でおなじみの「XFLAG」から配信される新作ゲーム『ファイトリーグ』が、日本を含め世界6カ国で6月22日(木)より配信されました!

もうプレイしましたか?

この記事では、まだファイトリーグをプレイしていない方のためにレビューします。

一緒に操作方法なども紹介しているので、チェックしてみてください!

ファイトリーグをプレイしてみる!

プレイ方法は?

ファイトリーグは、このボード上で相手と戦うゲームです。
相手のライフを削ると勝利となります!


ゲームの進め方は、お互いに2枚ずつキャラを盤面に置いていくだけです。

キャラにはそれぞれ攻撃できる方向が決まっていて、その向きに相手の本体やキャラがいると攻撃します。


その矢印の先に仲間がいると、【チェイン】が発生します。モンストでいう友情コンボですね。

チェインが発生すると、攻撃回数がたくさん増えていくので、このチェインを重ねることがファイトリーグの鍵になりそうです。


自分のライフが2,000以下になると、【FIGHT BURST】という一試合に一度しか打てない特別な技を打てます。


FIGHT BURSTの演出はかなり派手で発動時の爽快感がすごいです。


相手に300点のダメージが入るFIGHT BURSTでした。これで勝利です!


新しいキャラはガチャで追加しよう

ファイトリーグのキャラには、様々な効果が付いています。新しいカードを手に入れて、デッキを強化しましょう。


10連ガチャを回してみます!


ガチャからは「R」「S」「US」のキャラが排出されますよ。金色のコマからはSかUSがでます。


US獲得!!!
これは「TOYS of the DEAD(紫)」のUSですね。


ブランドとは、ファイトリーグのキャラが必ず持っている世界観のこと。5種類あり、それぞれに特徴があるので、実際に使って好みを見つけてみてください。

画像左:TOYS of the DEAD(紫)
画像右:アスリートクリーチャーズ(緑)


画像左:十八番街(赤)
画像右:GGG(青)


Justice Professionals(黄)


ガチャで同じキャラが被ると【センス】が上がります。センスが上がると、キャラを盤面に出した時に、稀に攻撃力が上がる【クリティカル率】が上がっていきます。


集めたキャラでデッキを組もう!

指定したブランドのコマと、どのブランドにでも入れられるキャラを合計10体まで使用してデッキを組みます。

自分だけのデッキを構築して、最強プレイヤーを目指しましょう。


相手と戦おう!

ファイトリーグには、CPUと戦うモードと実在するプレイヤーとオンラインで対戦する方法があります。


CPUと戦う【ファイト7】は、負けたら最初からの勝ち抜き戦です。連勝すると、ゲーム内で使えるアイテムが手に入りますよ!

【リーグ】では、全国のプレイヤーとオンラインで戦って、自分のランクを上げていくプレイモードです。


勝利することでランクが上がっていくほか、限定キャラが手に入るので、積極的に挑戦しましょう。


競技性が強いタイトル!

ここまででファイトリーグの解説を終わります。

一定時間プレイしてみて感じたのが、非常に競技性の高いタイトルであるということ。一手一手非常に考えさせられますし、一手の制限時間も20秒と短いので焦ってしまいます。

またコマの効果に、強すぎると感じるものがないのも、そういった意味では良いポイントだと感じます。一体で戦況がひっくり返るキャラが多いと、それを引けるか引けないかの勝負になってしまいますしね。

今後、ゲームの主軸はタッグバトルになっていくようなので、そちらについても何度かプレイしてみて紹介します。そちらが実装されたら、より友達とワクワクしながら遊べそうなので、e-Sportsとして流行っていくのではないでしょうか?

この記事でファイトリーグが気になった方は、インストールしてみてください!