フランクフルト移籍が決まった鎌田大地【写真:Getty Images】

写真拡大

 フランクフルトに完全移籍することでクラブ間合意したサガン鳥栖所属のMF鎌田大地について24日に独紙『ビルト』が報じると共に、移籍金についても言及している。

 同紙はタイトルに「アタッカーの鎌田大地、新たな日本人は移籍金250万ユーロ(約3億1000万円)」とつけ、鎌田がフランクフルトに移籍することを伝えた。また、25日に行われる浦和レッズ戦後に移籍が完了するとの見解も示している。

 20歳の鎌田はガンバ大阪のジュニアユースから東山高校に進学。そして、2015年に鳥栖に加入した。今季のJ1で15試合全てに出場しており、3得点を記録している。現在フランクフルトには日本代表MF長谷部誠が所属しており、過去には稲本潤一、乾貴士、高原直泰といった日本人選手も在籍していた。

text by 編集部