©テレビ朝日

写真拡大

今さら人には聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げ、音楽ファンはもちろんのこと、音楽初心者をも魅了している番組『関ジャム 完全燃SHOW』。

©テレビ朝日

6月25日(日)のオンエアをもって同番組は100回の節目を迎えるが、この記念すべき放送では、番組なくしては成立しなかった(?!)ともいえる6月28日(水)リリースの関ジャニ∞の最新アルバム『ジャム』をフィーチャーする。

このアルバムは、これまで『関ジャム』に出演したゲストたちに楽曲提供を依頼し誕生した作品だ。

番組では、UNICORNやBEGIN、水野良樹(いきものがかり)、岡崎体育、ニセ明、池田貴史(レキシ)など、豪華アーティストたちが楽曲提供したこの珠玉の1枚の制作過程を、貴重な打ち合わせ映像なども交えながら大公開。アルバムに作曲・編曲で参加した音楽プロデューサー・蔦谷好位置が事細かに解説していく。

また同アルバムには、番組でおなじみの振付稼業air:manが振り付けで参加。air:manと安田章大が振り付けの構想をブラッシュアップしていく過程など、裏側でのやりとりにも密着する。

関ジャニ∞の音楽魂がひしひしと伝わってくる同アルバムの熱い制作現場の模様は必見だ!