スバルは、運転支援システム「アイサイト」を大幅にアップデート。新機能「ツーリングアシスト」を搭載すると発表した。この大幅に進化した「アイサイト」は、2017年夏発表予定の新型「レヴォーグ」と「WRX S4」全車に標準で装備される。

「アイサイト」は同社が2008年に発表したもので、ステレオカメラを駆使して前方状況認識と高度な制御で安全運転を支援するスバル独自のシステム。ステレオカメラはつねに車両の前方を監視、人の”目”と同じように距離を測ることができるほかクルマや歩行者、区画線などの識別も可能。そして”目”から得た情報と走行状況をもとに、”頭脳”にあたるソフトウェアがクルマの各ユニットを”手足”のように適切に制御する。

新機能「ツーリングアシスト」は、「全車速域追従機能付クルーズコントロール」と「車線中央維持」を組み合わせることで、0km/hから約120km/hの幅広い車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動制御する技術。ステレオカメラによる区画線と先行車の2つの認識情報を併用しており、幅広いシーンで安定した動作を実現。従来の高速域だけでなく極低速域でも作動することで、運転負荷の大幅な軽減を実現した。

また新型「レヴォーグ」と「WRX S4」は、SUBARU国内仕様初となる「後退時自動ブレーキシステム」を採用。ドライバーの認識範囲を拡げ、さらなる安心をプラスする「アイサイトセイフティプラス」を設定することで総合安全性能にさらに磨きをかけている。

なお、同社のオフィシャルウェブサイトでは専用サイト(https://www.subaru.jp/eyesight_ta/)で大幅に進化したアイサイトのムービーコンテンツを公開している。