世の中には、男性から「エッチしたいだけの体目当ての女」として扱われる女性と、「付き合いたい」と思われる女性の2種類がいます。いくら男性たちからちやほやされても、エッチしたいだけの女として扱われてしまえば、ただの都合のいい女になってしまうもの。好きな人であればなおさら「付き合いたい女」として扱われたいですよね。
そこでここでは、「エッチしたいだけ」ではなく「付き合いたい」と思われる女性の特徴を、男性陣に聞いてみました。

定期的に会う機会がある

「会社の同僚で毎日のように顔を合わせていて、エッチしたいなぁとは思っていた。会社の飲み会のあとにそういう流れになって関係を持ったけど、社内で頻繁に顔を合わせるし、他の男と話しているのに嫉妬して付き合いたいっていう気持ちに変わった」(20代/商社)

▽ ワンナイトラブであれば、その場限りで関係が終わりになることも多いですが、学校や会社、サークルなどで顔を合わせる機会のある女性とは、真剣にお付き合いを考えるようになるそうです。まして一度関係をもった女性であれば、何度か顔を合わせるうちに独占欲も湧いてくるもの。彼の嫉妬心を上手にくすぐりたいところです。

共通の趣味がある

「見た目が好みの子とはエッチできるけど、付き合うならやっぱり性格も合う子じゃないと無理。話していて面白い子はエッチしたいだけじゃなくて、彼女になってほしいなって思う」(20代/メーカー)

▽ エッチしたいだけの女は、見た目が好みで、体さえ反応すれば性格などは関係なし。ですが容姿に関わらず、一緒にいて楽しい時間を過ごせる女性とは「付き合いたい」と考えるようになるのだとか。結局付き合おうかどうかを決めるポイントは、性格の良さや相性なのかもしれません。

言いたいことはきちんと言う

「受身で俺のスケジュールに全部都合を合わせるような子だと、エッチしたい時にしか会わなくなる。でも。『会いたい』とか『連絡ほしい』とかはっきり言ってくれる子のほうが、大事にしたいし付き合いたい」(20代/IT)

▽ 嫌われたくない、好かれたいと相手に合わせてばかりになると、「都合のいい女」と化してしまいます。結果的に、彼がエッチしたいと思った時にしか会わなくなる「エッチしたいだけの女」になってしまうことも。好きならなおさら、彼にしてほしいことややってほしいことを素直にお願いすることが大切です。

貞操観念がきちんとしている

「いろんな男と遊んでいるような子だと、やっぱり『エッチしたい女』として見てしまう。反対に、貞操観念がしっかりしていてせいそな子だと、彼女にしたいし大切にしていきたいって思う」(20代/製造)

▽ 多くの男性から「エッチしたいだけの女」として扱われている女性を大事にしようと思う男性は少ないもの。貞操観念がしっかりしていて、付き合うと決めた男性としか関係をもたない女性のほうが「付き合いたい」と思われる傾向にあるようです。

「付き合いたい」と思われるためには、相手を体でつなぎとめるのではなく、人間性でほれさせることが重要です。都合のいい女になるよりも、少々都合の悪い女になったほうが男性の「付き合いたい欲」をくすぐるのかもしれませんね。