大好きなあの人との同棲生活は、考えるだけでもウキウキワクワクしちゃうものです! ですが一緒に生活をするとなると、お金はどうする? 私の生活が丸裸になる!? など、不安・悩み・疑問がたくさん出てくるものです。
今回は、そんな初めて同棲をする人が不安・悩み・疑問に感じることをいくつかあげてみました! ぜひ参考にしてみてください!

(1)他人と一緒に住むことそのものの不安

同棲をする相手は、恋人でありあなたが信頼をしている人ではあります。同棲は楽しみでもありますが、あなたのすべてが同棲相手の前であらわになるということです。
そして逆に、同棲相手のすべてを目の当たりにするということです。
おたがいにいい面もあれば、嫌な面もあるでしょう。そのすべてを受け止めて、生活をともにしていくことが同棲なのです。家族以外の人に、あなたのすべてを見せることができるかどうか、まずはおたがいによく話し合いつつ、自分自身でも見極めながら同棲を始めましょう。

(2)お金や家事などの役割分担は?

生活をするということは、お金が必須です。完全に折半にしてしまうのか、どちらかが多めに出すのかなど、細かく決めておくことが大事です。うやむやにしてしまうとどちらかの負担が自然と大きくなり、おたがいの気持ちが離れてしまう原因にもなりかねます。
生活にかかる費用(食費・光熱費・家賃・日用品購入など)の項目をすべてあらい出し、おたがいが出す金額の話し合いをすることが必須ですね。
また同じように、家事についても話し合っておくほうがいいでしょう。炊事・掃除・洗濯などを誰がどの程度行うのか、また自分の得意不得意に合わせて話し合ってもいいでしょう。家事の分担はお金と比例することが多いように感じます。
生活にかかるお金を完全に折半にしているなら家事も完全に折半にする・またどちらかがお金を多く出す・もしくはどちらかがお金を全額出す場合、一方は家事を多く負担する、ということが多いようですね。気持ちよく2人で住めるように準備をすることが大切です。

(3)ケンカ後や一人でいたい時の居場所の確保

これは最大の難点かもしれません。仲よしの日もあれば、ケンカをしてしまっておたがいに話をしたくない日ももちろんあります。そんな時に、同じ家の中で一人になるスペースの確保はとても難しいのです。
少しでもお金を浮かせるためにワンルームで同棲する場合、どこにいても相手の顔が見えてしまうので、逃げ場がなくなってしまいます。お部屋探しの時から、ケンカをした時や一人になりたい時に居場所が確保できるよう、パーテーションで仕切れる部屋や、寝室とリビングの2部屋はあるような家にしておくなど工夫が必要です。
一人になれるスペースがあることで心を落ち着かせることができ、早く仲直りができるようにもなります。

(4)毎日一緒ってことは毎日エッチするの?

実は多くのカップルが疑問に思っている、同棲したら毎日「エッチ」をするのかという疑問。これも2人で話してみるといいと思います。一方は毎日したい、一方は週に一度でいいなと思っているなど、感じていることはそれぞれ違います。
ですが「エッチ」というのはただ快楽を感じるだけではなく、リラックスしたり情緒が安定したりといいことがたくさんあります。それぞれのペースでいいと思いますが、これまで以上に親密なコミュニケーションツールとして「エッチ」を楽しむことができるのも、同棲の醍醐味かもしれませんね!

いかがでしたか? 不安や悩みもあるけれど、同棲ってその先にある結婚への第一歩にもなりうるものです! あまり深く考えず、思いっきり楽しんでくださいね!