初日舞台あいさつで晴れやかな笑顔 - マリス・マルティンソンス監督、桃井かおり、イッセー尾形

写真拡大

 女優の桃井かおりが、イッセー尾形、マリス・マルティンソンス監督と共に日本とラドビアの初共同製作映画『ふたりの旅路』の初日舞台あいさつに登壇し、「(キャストにアイドルグループ)AKBの一人でも入れておくべきだった」と語って会場を沸かせた。

 神戸で孤独な生活を送っていたケイコ(桃井)が、着物ショーに参加するために訪れたラトビアで、行方不明になっていた夫(イッセー)と不思議な再会をする姿を描く本作。桃井はラトビアの悲劇的歴史や日本の災害に触れつつ、「失った人たちを思い出の中で置き忘れたみたいにするんじゃなくて、思い出ごと育てるようなおとぎ話が作れるんじゃないかと。そんな話をしていたのが、映画の出だしだった」と製作に至った経緯を紹介した。

 ラトビアでの撮影は大いに楽しんだそうで、「きれいな町なんです。それを全部使わせていただいて」と満足そうに述懐。しかし、日本での撮影には不満を抱いたようで、「桃井かおりとしては、ちょっと残念だった」と本音を吐露。続けて「AKBの一人でも入れておくべきだったな、みたいな。残念さがちょっとありました……」とジョークを飛ばして会場を沸かせた。

 一方のイッセーは、撮影が流動的だったことを明かし、「サッカーの試合がどうなるかわからないようなもの」とコメント。これを受けたマルティンソンス監督は「お二人がサッカーのコートで自由に演技するのを、とても和やかな気持ちで見守っていました。ですが、モンタージュするのは自分なので、最後はどうにでもなると思っていました」と苦笑。続けて「桃井さんには、製作の過程における支えと信頼、創造的な面でのアドバイス、全てに感謝しています。同じように、イッセーさんからも信頼を得て仕事ができたことをうれしく思います」と感謝の気持ちを語っていた。

映画『ふたりの旅路』は全国順次公開中