【詳細】他の写真はこちら

寝不足なあなたに朗報?

最近はさまざまな完全無線イヤホンが登場していますが、健康や仕事を促進するという視点で開発された『HYPNOS』はかなり異色な製品と言えそう。装着するだけで寝付きが良くなったり仕事に集中できるようになったりするとされるこのイヤホンは、現在クラウドファンディングサイトのIndiegogoにて開発資金を募集中です。

イヤホン装着で寝付きがよくなる?





Bluetoothでスマホなどと接続し、音楽や通話が楽しめるのは一般的な完全無線イヤホンと同じですが、普通じゃないのはこのイヤホンが睡眠改善機能を備えている点です。開発元によれば、ボイスコントロールで「スリープ・モード」をオンにすると迷走神経や副交感神経を刺激するサウンドが流れ、装着者を眠りへと誘ってくれるとのこと。



キャンペーンサイトに提示されたデータを見る限り、被験者が『HYPNOS』を装着すると、睡眠に入るまでの平均時間が大幅に短縮されていることがわかります。もちろんイヤホンを装着しながら眠るのに抵抗がある人もいるかと思いますが、夜になかなか寝付けない人にはかなり気になる機能です。

ノイズキャンセリングで仕事効率アップも





加えて、『HYPNOS』にはアクティブ方式のノイズキャンセリング機能も搭載されています。声による操作で「フォーカス・モード」を有効にすれば周囲の雑音をシャットアウト。自分の作業に集中できちゃいます。

スマホ連携機能だって充実





スマホに搭載されたボイスアシスタントの「Google Assistant」や「Siri」、それにAmazonの「Alexa」などにも対応。声による指示だけで知り合いに電話をかけたり、音楽再生をコントロールしたり、交通案内が利用できたりするそうです。

ちなみに『HYPNOS』は満充電状態なら最大4時間の通話と最大5時間の音楽再生が可能。そして充電ができる付属ケースと一緒に利用すれば最大15〜18時間の通話と24時間以上の音楽再生が楽しめるそうです。

『HYPNOS』のプロジェクトはすでに目標金額の20倍近い資金を調達しており、現時点では120ドル(約1万3000円)の出資で1つ入手可能となっています。製品の出荷時期は2017年9月。日本への配送にも対応してくれるようです。仕事からのストレスで最近寝付きがよくない……なんて方は、このイヤホンが救世主になってくれるかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト



『HYPNOS』プロジェクトページ(英語)