交際が長続きするカップルは、一緒にいても苦痛にならないような環境を上手に作れているものです。

LINEでの連絡も、お互いに重荷になってしまったりしない程度に行うことが大事なポイントでしょう。



出典:Nosh

そこで今回は、長続きするカップルが実践するLINEテクを紹介します。

 

■既読スルーされても怒らない

彼氏にLINEを送って、既読スルーをされたり未読のままだったりすると、ちょっとイラッとしてしまうこともあるでしょう。でも、それをいちいち責めたり問い詰めたりしてしまうと、彼氏もかなり面倒に感じてしまいます。

長続きするカップルは、たまに既読スルーをされたり、ちょっと返信が遅くなったりしても怒ったりはしません。

相手にもすぐに返信できない事情があるのでしょうから、そこはお互いに理解してあげないと、信頼関係もなかなか築いていけないでしょう。

 

■LINEでケンカはしない

LINE上でケンカをしてしまうと、文字だけのやり取りになってしまうので、おかしな誤解も生じてしまいやすいです。「そんな言い方をしたつもりはないのに……」なんて事態も起こってしまいやすいかも。

ケンカをするときはちゃんと面と向かって言い合わないと、表情や感情も全く読めないので、あまりいい方向には進みにくいです。

長文で文句を書き連ねると、読む方にはかなりの圧迫感も与えてしまうので、かなり重く取られてもしまいやすいですよ。

 

■「暗黙のルール」を作らない

知らず知らずのうちに、変な暗黙のルールのようなものができてしまうと、LINEをすること自体が鬱陶しくなってきてしまいます。

「毎朝必ずおはようと伝える」とか「帰宅したら必ず連絡をする」など、ルールが増えていくと、かなりの苦痛にもなるでしょう。

付き合いたての頃は、ふたりだけのルールのようなものを作りたくなってしまいがちですが、やりすぎてしまうとそのルールに首を絞められることにもなってしまうかも。

LINEを義務にしてしまうのは、一番危険な行為ですよ。

 

■ダラダラと長話をしない

男性はLINEでダラダラと長話をするのが大の苦手です。基本的には用件を伝えるための連絡ツールとしか思っていないので、用事もないのにムダ話をするのには耐えられなくなってしまうのです。

好きだからこそ、いつまでもずっと話していたいという気持ちにもなるのでしょうが、毎日のようにそんなことをされたら逆効果になってしまいます。

終わりの見えない会話ほどつらいものはないので、適度なところで終わらせるのも大事なことですよ。

 

長続きするカップルは、程よい距離感を保てることが重要なポイントでもあります。

彼氏とはいつでもLINEで連絡を取り合っていたいと思ったりもするでしょうが、やりすぎてしまうと苦痛に感じられてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

【関連記事】

※ 絵文字で謝罪!? アラサー男がドン引きした「びっくりLINE」4選

※ 惚れちゃうぜ!モテ男の心を揺さぶる「小悪魔LINE」テクニック

※ やっちまったー!恋の間違いLINE【12星座別に解説】

※ せめてもう一歩近づきたい…!気になる職場の先輩とのLINEテク

※ 「興味ないです、ごめんなさい…!」勘違い男のLINEから逃げる方法

※ ゲスすぎる…!浮気男が実践する「バレない」LINEテク