彼氏が欲しいならココへ行け!男性が「彼女を作るために活用している場所」4つ

写真拡大

【相談者:30代女性】
待っていても彼氏はできない!
そんな風に思ってからというもの、積極的に出会いの場に参加するようにしています。
年齢的にも早く結婚したいし、すぐにでも彼氏が欲しい。

彼氏探しに効果的な、決め手となるアプローチ方法ってあるのでしょうか?

●出会いに必然性を演出!自然なプッシュを仕掛けるのがポイント!

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

恋愛のアプローチをするのは男の役目。
女性から積極的にアプローチすることに抵抗を感じる女性も多いのではないでしょうか。

しかしそんなことばかり言っていては、いつまでたっても彼氏ができない。
年齢的なことを考えると、お尻に火がついている女性も少なくないはずです。

恋人探しを焦る女性と同じように、彼女が欲しくてたまらない男もたくさんいます。
そんな男たちが、積極的に女性にアプローチできているかというと、そうでもありません。
出会いを求めているのに、肝心な一歩を踏み出せずにいる男も多いものです。

彼氏が欲しい女性と彼女が欲しい男性、お互いに足踏みしていては、めぐり会うこともありませんよね。
どちらかが積極的に動かなければ、理想の出会いもやってこない。

とはいえ、あまり露骨にやり過ぎると男好きな女と思われてしまい逆効果。
男から距離を置かれてしまい、出会いが遠ざかってしまいかねません。

決め手となるのは、自然な状況でプッシュを仕掛ける こと。
出会いに必然性を演出しながら、自然なプッシュを仕掛けてみましょう。

ここでは、男たちがどんな場面で女性との出会い求めているのか、その実態を語ってもらいました。
シーン別のアプローチ方法を考えてみましょう。

●(1)趣味の場を出会いのきっかけに活用

『バンドのライブやフェスで、いい出会いがないかな?って望んでいるのですが、どうやって声をかければいいか分からず、気づけばいつも男同士でワイワイやっています(笑)』(31歳/グラフィックデザイナー)

同じ趣味を持っている者同士は、距離も縮めやすく趣味の場は出会いのきっかけとして自然なもの。
アプローチの場として活用したいところです。

世の中にはたくさんの趣味の世界があります。
音楽や映画はもちろんのこと、アウトドアを趣味にしている人もたくさんいます。
趣味を通じての出会いなら、彼氏が欲しい下心をむき出しにしなくても、自然に出会いのきっかけを作れます。

ライブやフェスなら、近くで演奏を観ている男性グループに声をかけてみるのもアリでしょう。
もともと音楽が好きで集っているわけですから、会話も弾むはず。

ドリンクカウンターでお酒を楽しむなど、一気に仲を深められるチャンス といえるでしょう。

●(2)SNSを出会いのきっかけに活用

『SNSで過去の同級生たちとつながっているので、距離を縮められたらと考えているのですが、なかなか一歩を踏み出せていません』(29歳/営業)

オフラインのつながりなら距離を縮めることに躊躇してしまうかもしれませんが、同級生とSNSでつながっているなら、声をかけるのは自然なもの。
「最近、どうしてる?」「元気?」といった挨拶程度の会話を投げかけるだけでも、出会いのきっかけを作ることができます。

相手に彼女がいる場合や特に恋愛を求めていないことが判明したとしても、SNSでのつながりならすぐに距離を置くことができます。
気軽にアプローチできるツールなのであまり深く考えず、きっかけ作りに活用してみてはいかがでしょうか。

●(3)習い事を出会いのきっかけに活用

『行政書士を目指して塾に通っています。講義のときに毎回、近くの席に座る女性がいるのですが、声をかけられずにいますね』(33歳/事務)