画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●元祖「手持ちで撮れる600mmズーム」の進化版

価格と性能のバランスで人気の超望遠レンズで「レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップ 千葉2017」決勝戦を撮影する連続企画。前回の「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM|Contemporary」に続き、今回はその存在感が写欲を刺激する「TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」でのレビューと作例をお届けする。

○元祖「手持ちで撮れる600mmズーム」の進化版

前回同様、まずはレンズの概略から。2013年12月、タムロンが他社に先駆けて発売した、手持ちで撮れる600mmズーム「TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」。その2代目として昨年(2016年)9月に登場したのが「TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 (モデルA022)」だ。店頭実勢価格は13万円前後(2017年6月現在。筆者調べ)。標準ズームから次のステップへ、というユーザーにはやや躊躇する価格帯だが、テレ端600mmという焦点距離を考慮すれば、むしろお買い得以外の言葉が見つからない(これだから趣味の世界は恐ろしい)。

タムロンいわく、旧モデルとの差異は「光学性能の向上、AFの高速化、手ブレ補正効果の強化、防汚コートの採用、フレックスズームロック機構や専用テレコンバーターの開発など」。ちなみに、レンズ鏡筒の可動部、接合部の各所は防滴用のシーリングを配した簡易防滴構造を採用している。

レンズの全長・重量は対応マウント別に異なる。キヤノン用は260.2mm・2,010g、ニコン用は257.7mm・1,990g、ソニー用は259.7mm・1,955g。フィルター径はφ95mm。約2kgの重量は、丸1日の手持ち撮影には相当難儀にも思えるが、実際は慣れと情熱でクリアできるレベル。三脚座を使わないなら外してしまえば、ある程度は軽量化できる。

むしろ肝心なのは、カメラ本体とのバランスだろう。軽量なカメラより、そこそこの大きさと重量感があるカメラ本体と組み合わせたほうが、レンズ重量を左腕ですべて引き受けずに済む。当然、ピントやズームリングもより操作しやすくなる。

今回は、カメラ本体にフルサイズ機(ニコン D610)をチョイス。最大600mmとレンズの焦点距離が長いので、そのぶん画質に余裕を持たせたいという狙いもあったが、前回も書いた通り、ことレッドブル エアレース千葉で使用するには(特にプレスエリアからの撮影において)、600mmではやや不足気味だった。そこで今回は、あえて少々トリミングした作例も掲載。トリミングしたとはいえ、長辺は約5,000ピクセル以上あるので解像度は十分。高画質なフルサイズ機であれば、こうして(見た目上の)焦点距離を稼ぐことも可能だ。

●「小さく写っていようが主役は主役!」と表現

TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2は、前機種と同じくLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ3枚を使用。軸上色収差と倍率色収差を見事なまでに排除している。また、eBANDコーティングのおかげでゴーストやフレアの発生もほぼ認められず、クリアで抜けの良い画質を実現していると思う。

日中の日差しによって海水が蒸発してできる空気の層、エアレーサーの機体から噴射されるスモーク、逆光といった条件に悩まされた今回の撮影。それでも、実際の撮影結果では遠景から捉えた小さな被写体にもしっかりとピントが来ており、本レンズの高い解像力に驚かされた。

風景の中の小さな被写体は、背景の一部であるかのような描写となってしまいがちだ。が、TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2は「小さく写っていようが主役は主役!」と表現してくれる。それには、カメラ本体の性能も寄与しているだろう。しかし、フィルター径φ95mmの前玉を持つ工学設計は、決して伊達ではない。

●超望遠の世界に挑戦するなら、真っ先に候補に入れるべき

今回はカメラ本体にフルサイズ機を使用したが、実はハイスペックなAPS-C機にも非常にマッチするレンズではないかと思う。その理由は、焦点距離が最大900mm相当(1.5倍換算の場合)まで稼げるだけでなく、カタログ掲載のMTF曲線を見る限り、周辺部の解像力が低下しはじめる直前までの「このレンズのもっとも美味しい部分」だけを使えるからだ。

AF駆動ユニットには、リング型超音波モーター「USD(Ultrasonic Silent Drive)」を搭載。ファインダーの中に収めるだけでも苦労する超高速のエアレーサーを、600mmというシビアなズーム倍率で、なおかつ結構な重量のレンズ鏡筒を駆動しつつ捕まえる実力は驚異的だ。なお、「10-2.2m」「∞-10m」「Full」という3段階のフォーカスリミッターが付いているので、飛行機の撮影時には確実に「10-∞m」に合わせておきたい。

結論。TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2は「本格的な超望遠の世界に挑戦するなら、真っ先に候補に入れるべき1本」といえる。他社の競合製品と比較する場合にも、画質、AF速度、手ブレ補正、扱いやすさのすべてにおいて基準となり得るレンズである。

作例撮影:青木明子

協力:ハミルトン