イスラム過激派組織「アブサヤフ」の指導者、イスニロン・ハピロン容疑者(左から2人目)とアブドゥラ・マウテ容疑者(右)を捉えた静止画。(2017年6月18日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米政府の最重要指名手配犯の一人であるフィリピンイスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」の指導者、イスニロン・ハピロン(Isnilon Hapilon)容疑者が、比南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)で5週間にわたって続いている軍とイスラム過激派の戦闘から脱出した可能性がある。比軍幹部が24日、発表した。

 比軍西ミンダナオ司令部のカルティート・ガルべス(Carlito Galvez)司令官によれば、ハピロン容疑者の姿はマラウィの市街戦が続いている地区で目撃されていない。

 マラウィでの戦闘は先月23日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓うアブサヤフの指導者であるハピロン容疑者を捕えようとした治安部隊の急襲から始まった。アブサヤフのメンバーらは、アジトを急襲された報復として、ISの黒い旗を掲げてマラウィ市内を荒らした。外国人戦闘員も加勢し、イスラム教徒が大半を占める同市の一部が制圧された。

 ガルベス司令官は現地ラジオ局DZBBのインタビューで「彼(ハピロン容疑者)はこの地区で見かけられていない。すでに別のどこかへ脱出したとの情報もあるが、現時点ではそれを確認中だ」と述べた。また、ハピロン容疑者は逃走したのかとの質問には「そうだ。彼の戦闘員たちはかなりの痛手を負ったとの報告がある。戦闘員の半数以上が死傷したとの情報だ」と述べた。

■懸賞金500万ドル

 ハピロン容疑者は2001年にフィリピンで米国人3人の誘拐に関与したとして、米当局に起訴されており、米政府が最重要指名手配のテロリストとして懸賞金500万ドル(約5億5600万円)を懸けている。治安当局の分析によれば、イスラム教の預言者ムハンマド(Prophet Mohammed)の後継者「カリフ」が統治するカリフ制国家の樹立を目指すとしているISは、ハピロン容疑者を東南アジア地域における指導者と認めている。

 また比軍は、マラウィでの攻勢を開始するにあたり、ハピロン容疑者の組織が別の武装勢力であるマウテ(Maute)兄弟のグループと協力したと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News