バービーがママに。つわりも妊娠線も子育てだってインスタで隠さず発信

写真拡大

仕事もがんばりたいし、ひとりの時間だって大切。でも、いつかは結婚してママになりたいって思っています。

そんなときに見つけたのが、バービーとケンのInstagram。

多様なボディタイプや自身のうつについてなど、素直な意見を発信し続けているバービーのリアルなマタニティライフをのぞいてみました。

妊娠わかった瞬間ってやっぱり特別。一生忘れられない瞬間になるはず。

辛いつわり...。でも、赤ちゃんに出会えることを思えば乗り越えられそう。

妊娠線予防のためにココナッツオイルでマッサージ。

妊婦だって水着を着たい! 思いっきり夏を楽しんじゃいます。

健康ためにマタニティヨガ。むくみやストレスを解消して、リラックスして赤ちゃんを迎える準備を。

妊娠すると、お腹が空きやすくなるのは本当みたい。朝起きてから夜寝るまで、24時間食べてしまうのはバービーだって同じ。

妊娠中も美容ケアは怠らない。スパでのお手入れは至福のひととき。

26週目に入るとこんなに大きなお腹に。出産までラストスパート。

生まれてきた赤ちゃんは愛おしい。妊娠中の苦労なんて何もなかったかのよう。

ママになってもSNSは生活の一部。ゴシップだって大好きだし、女友だちと過ごすのも大切な時間。

育児は母親の仕事なんてもう古い。ミレニアル世代のパパは、おしめの取り換えだって問題なし。

赤ちゃん用品はやっぱりコストコがお得? 家族が増えたらショッピングも大量になるみたい。

ママになってもコスメチェックは欠かせません。

妊娠してもママになっても、気負うことなくマイペースに毎日を楽しんでいるバービー。

現在、世界中に4万人以上のフォロワーを抱えるほど支持されているのバービーのInstagram。

その人気の秘密は、妊娠や出産、母親になることへの漠然とした女子の不安を、体当たりで教えてくれているからかもしれません。

写真/Visual Hunt

こちらも読まれています

・バービーはうつだった。本人がカミングアウト

・「背中のブツブツ、どうしたらいいの?」女医さんに聞いてみた #sponsored

・女子から女性へ。モデル・有末麻祐子さんが25歳からはじめること #sponsored