フランクフルトへの完全移籍が発表になったMF鎌田大地

写真拡大

 サガン鳥栖は24日、MF鎌田大地(20)のドイツ1部ブンデスリーガのフランクフルトへの完全移籍がクラブ間で基本合意に達したと発表した。25日の浦和戦後にセレモニーを行う。

 鎌田はG大阪ジュニアユース、東山高を経て15年に鳥栖に加入。ルーキーイヤーから試合出場を重ね、今季もリーグ戦15試合に出場して3得点を記録。ここまでリーグ戦通算64試合に出場して13得点を決めている。

 フランクフルトは過去にも高原直泰氏やMF稲本潤一(現札幌)ら多くの日本人選手が在籍したことでも知られ、現在は日本代表主将MFの長谷部誠がプレーしている。

 20歳のホープの挑戦をクラブも後押し。「応援ありがとう」「鳥栖から世界へ」と書かれた記念Tシャツを作成して25日の浦和戦で販売されることも発表になった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ