男子ゴルフ米国ツアー、トラベラーズ選手権2日目のラウンドに臨むジョーダン・スピース(2017年6月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアー、トラベラーズ選手権(Travelers Championship 2017)は23日、米コネティカット(Connecticut)州クロムウェル(Cromwell)のTPCリバーハイランズ(TPC River Highlands)で2日目が行われ、ジョーダン・スピース(Jordan Spieth、米国)が通算8アンダーで首位をキープした。

 第2ラウンドでスコアを1ストローク伸ばした世界ランク6位のスピースは、同じ米国勢で2位タイに並ぶパトリック・リード(Patrick Reed)とトロイ・メリット(Troy Merritt)に1打差をつけた。リードは最初と最後のホールでバーディーを奪う「66」の猛チャージをみせると、メリットも「68」の好スコアを記録した。

 スピースが今大会で優勝すれば、2015年の第79回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2015)と全米オープン選手権(2015 US Open Championship)を含め、ツアー10勝目に到達する。

 スピースは「スタートは少し不安定だった。パー5のティーショットでダブルクロスのミスをしてしまい、ボギーをたたいてしまった。それでもよく挽回した」とすると、「パット数が最小限に抑えられたのは、週末のラウンドに向けて自信になる」とコメントした。

 通算6アンダーの4位タイにはウェズリー・ブライアン(Wesley Bryan)、ダニエル・サマーヘイズ(Daniel Summerhays)、ブー・ウィークリー(Boo Weekley)、そしてチェイス・セイファート(Chase Seiffert)の米国勢が並んだ。

 一方、世界ランキング3位のロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)は、この日3オーバーをたたき、通算イーブンパーの69位タイでどうにか予選を通過した。

 元世界ランキング1位のジェイソン・デイ(Jason Day、オーストラリア)は、4ボギーと4バーディーの「70」で通算2オーバーに終わり、予選落ちに終わった。
【翻訳編集】AFPBB News