映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロンが最強の女スパイに

写真拡大

映画『アトミック・ブロンド』が、2017年10月20日(金)より全国ロードショー。

シャーリーズ・セロンが魅せるスパイアクション

MI6の女スパイ、ロレーン・ブロートンが、消えた諜報員と最高機密のリストの奪還を命じられ、世界中のスパイたちと争奪戦を繰り広げるアクションムービー『アトミック・ブロンド』。

ブロートンは、接近戦のプロ”で、エレベーターが到着するシーンでは“潜入と脱出、容赦なく群がる殺し屋たちとの激しいバトルを繰り広げる。その他にも、ピンヒールを使った攻撃、敵の首に縄を括り窓から飛び降りるなど、次々とアクションを繰り広げていく。

主人公の女スパイ、ロレーン・ブロートンを演じるのは、『モンスター』でアカデミー賞を受賞し、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などでも高く評価されている。シャーリーズ・セロンは『アトミック・ブロンド』で大迫力のアクションを入魂の演技で体現する。

フランスの美しき女スパイ「デルフィーヌ」

ブロートンと心を通わせようとするフランスの美しき女スパイがデルフィーヌ。周囲が信用できず1人任務遂行のために命を賭けているブロートンの唯一の救いとも言えるキャラ。両者のやり取りは、どこか危険で妖艶な美しさを漂せている。

この役を演じるのはソフィア・ブテラ。ヒット映画『キングスマン』では義足の殺し屋ガゼルを演じで大きなインパクトを残した。ソフィアは、デルフィーヌについて次のように話す。
「出会った瞬間からデルフィーヌはブロートンに魅了されます。とても美しく、自信に満ちていて、威厳がありますから。デルフィーヌの愛情は、ブロートンの冷たい外見や態度を少し溶かし始めていくんですよ。」

可憐な衣装

また、可憐な衣装も見どころのひとつ。「80年代のファッションから最高にカッコいい要素を見つける」というテーマの元、当時のベルリンにあった60年代・70年代のアイテムも巧みに取り入れつつ作り上げられたそのスタイルは、まさにシャープでスタイリッシュ。セロン本人からの「革のコートを着てガーターベルトを付けて変装しているスパイがいたらどうだろう」というアイディアも加わり、独特なスタイルが完成している。

その他のキャスト

監督は『ジョン・ウィック』の共同監督で、『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチ。キャストには、『X-MEN: アポカリプス』『スプリット』の主演を務めた演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズらが出演。

作品詳細

映画『アトミック・ブロンド』
公開日:2017年10月20日(金)
監督:デヴィッド・リーチ
出演:シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカヴォイ、ソフィア・ブテラ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ他
配給:KADOKAWA
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.


[写真付きで読む]映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロンが最強の女スパイに

外部サイト

  • 映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』トム・クルーズが実在のCIAエージェント/麻薬運び屋に
  • キャスリン・ビグロー監督、映画『デトロイト』暴動で街が戦場と化すなかで起きた“衝撃の事件”を映画化
  • パペットアニメ映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』谷に訪れる冬、まだ見ぬクリスマスを探して