24:レガシー

写真拡大

ジャック・バウアーことキーファー・サザーランドが製作総指揮に名を連ねた、人気アクションドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のリブート版、『24:レガシー』の二ヶ国語版が、FOXにて8月27日(日)に全話一挙放送される。

本国アメリカでは第1話視聴者数が『24』史上、最高視聴者数を獲得した本作の主演を務めたのは、『ウォーキング・デッド』のヒース役で知られ、今年のトニー賞演劇リバイバル作品賞にノミネートされた『私に近い6人の他人』に出演中のコーリー・ホーキンズ。

製作総指揮を務めるエヴァン・カッツ(『24 -TWENTY FOUR-』『ボディ・オブ・プルーフ3 死体の証言』)は、製作過程で苦労した点において「最大の挑戦だったのは、ジャック・バウアーに似た素質を持った、それでいて彼とは違ったタイプでフレッシュな主人公を作り上げることだった」と語っており、主人公エリック・カーター役にはコーリーしか考えられなかったと説明している。

ほかにも、彼に協力するCTU(テロ対策ユニット)元局長のレベッカ・イングラム役に『HOMELAND』のミランダ・オットー、彼女の夫である上院議員ジョン・ドノヴァン役で『サンズ・オブ・アナーキー』のジミー・スミッツが出演。本家『24』で人気を集めたトニー・アルメイダ役(カルロス・バーナード)をはじめ、往年のファンには嬉しいキャラクターも再登場する。

ドラマ内の時間と放送時間を合わせたリアルタイムの『24:レガシー』二ヶ国語版は、FOXにて8月27日(日)12:00より全話一挙放送。(海外ドラマNAVI)