『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』がいよいよ7月1日より日本公開となる。今回は新たなキャラクターも登場し、ついにジャック・スパロウの誕生について明かされる。シリーズの集大成ともされる本作の見どころを紹介しよう。

新たなキャラクターとの掛け合いに注目!
ジョニー・デップの代名詞となったジャック・スパロウであるが、今回も破天荒で愛着のあるキャラクターが素晴らしいシーンを作り上げている。とくに、新キャラクターのヘンリーを演じたブレントン・スウェイツとの掛け合いがとてもコミカルで、大御所のジョニーと注目俳優ブレントンがそのままキャラクターとなって会話をしているような印象を受ける。ブレイトンは『キング・オブ・エジプト』(16)で初のハリウッド長編映画の主役に抜擢。『マレフィセント』(14)では国の王子役で活躍。王子を演じる甘いルックスだけでなく、27歳という年齢を感じさせないあどけなさでファンタジー作品に引っ張りだこ。今注目のハリウッド若手俳優である。冒険をする主人公にピッタリなその風格と、漂う真面目さが、ジョニー演じるジャックと正反対であるからこそ、相性がとてもいい。新たなパイレーツコンビにも是非注目してほしい。

物語から見えてくる家族、仲間の大切さ
『パイレーツ』シリーズといえば、海でのアクションシーンが見どころのひとつ。一瞬にして美しい海が戦場に変わったり、ジャックたちを導く希望の道になったり、様々な海の表現がCGと実際の撮影が入り混じり見事に表現されている。しかし、本作の魅力は壮大なアクションだけでない。今回は、家族、仲間の大切さを感じることができるのである。血のつながりがある親子、そして血のつながりはないが家族同然のようにともに過ごす仲間。本作ではジャックがそんな彼らと向き合い、ダイナミックなシーンにの中にも、様々なキャラクターの思いが交差する繊細な部分を演出し、感動的なストーリーを作り上げている。

いままでのシリーズの集大成であり、あらたな冒険の始まりを予感させられる本作品。映像、音楽、キャスト全てが前回よりもパワーアップし、壮大なストーリーを盛り上げている。

『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』今回も様々な事件を引き起こす伝説の海賊ジャック・スパロウ。 ©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.