溺れそうなキスってどんなキス!?

写真拡大

ディーン・フジオカが6月24日に角川シネマ新宿で行われた主演映画『結婚』の初日舞台挨拶に登壇。貫地谷しほりがディーンとのキスシーンを振り返り、「溺れそうだった!」と告白した。

【写真を見る】ディーン・フジオカ、タキシードで登場!「愛してる!」と大歓声を浴びた

直木賞作家・井上荒野の長編小説を映画化した本作。ディーンが天才結婚詐欺師・古海健児を熱演し、大人の色気で女性たちを虜にしていく姿を描く。この日は、柊子、萬田久子、西谷真一監督も出席した。

ディーンが登場するや、女性陣を中心とした会場は「キャー!」と大歓声。「振込先教えて!」「だまして!」との熱烈なメッセージを掲げたファンを見て、ディーンは「振込先教えてって書いてあるよ!後でまた」と楽しそうな笑顔を見せていた。

爽やかなスマイルで会場を魅了したディーンだが、司会から「完璧な素敵な男性というイメージがある」と紹介されると「そう言っていただけるとうれしいですが」とはにかみ笑顔。「今もここに出てくる直前、ドアの前で待っている時にまつ毛が目に入っちゃって。どうしようと思って、ずっとこうやっていたんです。実は僕そんな感じです」と目をこする仕草を見せると、ディーンのキュートな一面に会場からも笑いが起こっていた。

古海の妻役を演じた貫地谷は「西谷監督とは三度目なんですが、毎回キスシーンがある」と告白。「前回やったキスシーンも『ちょっとここでキスしてくれない?』と言われて。今回も当日、直前に言われた」と劇中でのディーンとのキスシーンが急遽決まったことを明かした。

会場からは「うらやましい!」との声が上がったが、貫地谷は「雨に打たれてのシーン。ディーンさんは背が高いから、私の口に水が入ってくる。溺れそうでした!」と苦労したエピソードを披露。ディーンも「結構ハードな降り方してましたもんね」と振り返っていた。

ディーンの大人の色気が溢れる作品となっているが、西谷監督は「大人の色気とは、果物の腐る直前。一番おいしいとき」と分析。ディーンは「腐りかけです」と自虐コメントを放ちつつ、大人の恋愛の魅力について「やっぱり腐りかけというか、終わりを意識しているかどうか。限りある命を認識している同士がするのが、大人の恋愛なのかな」と話していた。【取材・文/成田おり枝】