キム・スヒョン、グラビアから溢れるカリスマ性を披露…洗練された男性美に“視線釘付け”

写真拡大 (全2枚)

映画「リアル」で4年ぶりにスクリーンに帰ってくるキム・スヒョンが「W」グラビアを通して観客との出会いを予告した。

「リアル」はアジア最大規模のカジノを巡る二人の男性の巨大な秘密と陰謀を描くアクションノワールだ。華やかなミザンセーヌ(演劇界、映画界での演出のこと) と大胆なアクションで2017年アクションノワールの新たな誕生を予告した映画「リアル」で、一人二役の演技変身に挑戦した俳優キム・スヒョンがアメリカのハワイで撮影した「W」のグラビアを通して一風変わった魅力を公開した。

特に2つのバージョンで発行される今回の雑誌「W」はキム・スヒョンのグラビアカットがすべての表紙を飾り、観客の熱い関心を集めると見られる。

今回のグラビアでキム・スヒョンは、少年のイメージを脱ぎ捨て男らしい魅力を思いっきり披露した。映画「リアル」でカジノ組織のボス“チャン・テヨン”に扮した彼の新しい姿を覗かせる。まず、カメラを無心そうに見つめるキム・スヒョンの姿は、赤い衣装だけに強烈な存在感を感じさせる。

続いてハワイの熱い日差しを手で隠し、致命的な魅力を披露する他の写真が視線を引き付ける。ブラックトーンの衣装で強い男性の雰囲気をかもし出している彼の姿は「リアル」で彼が演じた“チャン・テヨン”に対する関心をさらに高めるのはもちろん、限りのないキム・スヒョンの魅力を再び確認させる。

キム・スヒョンの雑誌「W」のグラビアを公開し、映画に対する熱い関心を集めているアクションノワール「リアル」は、韓国で6月28日に公開される。