『ラ・ラ・ランド』

写真拡大

第89回アカデミー賞で最多6部門を受賞し話題をさらったミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』がブルーレイ、DVD、4KUHD BDとなって8月2日(水)に発売される。

主演は、同作でアカデミー賞主演男優賞と主演女優賞にノミネートされたライアン・ゴズリング(『ドライヴ』)とエマ・ストーン(『アメイジング・スパイダーマン』)。彼らはこの映画のために、役に必要な歌、踊り、ピアノの演奏を猛特訓。全編吹き替えなしで撮影に挑み、エマはオスカー初受賞を果たした。

監督は、ハーバード大学卒のデイミアン・チャゼル(『セッション』)。 本作がアカデミー賞で最多14ノミネートを果たした際には「まだショックから抜けきれていないけど本当に嬉しいよ。映画を見てもらえばわかると思うけど、チームの力のおかげなんだよ。ライアン、エマをはじめ 、カメラの後ろにいる沢山のスタッフ、作曲家などがノミネートのおかげで認知されたことが嬉しい」とコメントしていた彼だが、自身も アカデミー賞史上最年少となる32歳で監督賞を受賞した。

今回セルでは全部で5形態の商品が発売される。スタンダード・エディションのブルーレイとDVDには、チャゼル監督と作曲家ジャスティン・ハーウィッツによるオーディオ・コメンタリーをはじめ、貴重な特典映像を収録。一方、コレクターズ・エディションと4K UHD BDセットには、先述と同内容の特典に加えて、圧巻のオープニングとなった高速道路でのミュージカルシーンの撮影秘話や、ライアンとチャゼル来日時のインタビューなどの特典映像も含まれる。さらには初回特典として、アウターケースおよびブックレットが付属。なお、数量限定生産でコレクターズ・エディションのスチールブック仕様も同時リリースされる。

夢追い人が集まるロサンゼルスで出会った男女の夢と愛を描いた『ラ・ラ・ランド』のブルーレイ、DVD、4KUHD BDは8月2日(水)よりリリース。レンタルもTSUTAYA先行で同日開始。(海外ドラマNAVI)