中国では歴史問題や領土をめぐる対立などを理由に日本を恨みつつも、成熟した日本社会に対しては羨望の気持ちを抱くなど、日本に対して複雑な感情を持つ中国人は少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では歴史問題や領土をめぐる対立などを理由に日本を恨みつつも、成熟した日本社会に対しては羨望の気持ちを抱くなど、日本に対して複雑な感情を持つ中国人は少なくない。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本に対して「複雑な感情を抱いている」という中国人の手記を掲載し、中国人から見た日本の国民性について考察、「日本人は中国人にはない優れた特性が数多くある」と主張する一方で、中国人は「日本人に対する警戒を怠ってはならない」と論じている。
 
 記事は、日本には中国を源とする文化が数多くあるとしながらも、「日中間にはそれ以上に多くの恨みがある」とし、日本は中国に多大な災難をもたらした国だと主張した。だが、日本を訪れた中国人の多くは、日本人の民度の高さや秩序があって清潔な日本社会を称賛し、訪日経験がなくとも多くの中国人消費者が日本製品の質の高さを認め、日本製品を気に入って使用していると指摘した。
 
 一方、日本人の国民性については「強きに弱く、弱きに強い」典型的な例であると主張し、戦後の米国に対する従順な姿勢はそれを体現したものだと指摘。また、日本が戦時中に中国に対して行った侵略は日本人の残虐性を示していると主張し、こうした日本人の国民性は武士道や封建制度の影響ではないかと考察した。
 
 一方、見方を変えれば日本人が「他者から学ぶことに長け、忠誠心が強いうえに団結力もあって、やると決めたら徹底的にやる」という国民性であるのは事実であるとし、こうした特性は中国人にはないものだと主張。こうした優れた特性は中国人にとって学ぶに値すると主張する一方で、だからこそ中国人は「日本人に対する警戒を怠ってはならない」と論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)