【インタビュー3/4】ロニー・ロメロ「隠れた名曲を掘り起こすのが好きなんだ」

写真拡大

ローズ・オブ・ブラック、リッチー・ブラックモアズ・レインボーなど、多彩な活動を行うハード・ロック/ヘヴィ・メタル界の新ヒーロー、ロニー・ロメロへの全4回にわたるロング・インタビュー。第3回となる今回は、ロニーの音楽マニアぶりを探ってみたい。「カバー曲をプレイするのは大好き。でも、ありきたりの曲はやりたくないんだ」と語るロニー。2017年8月のジャパン・ツアーではどんな曲が披露されるか?期待が高まる。

◆ローズ・オブ・ブラック画像

──YouTubeにはあなたが歌う映像がたくさんありますが、クイーンの「ノー・ワン・バット・ユー」など意外な曲もあって驚かされました。

ロニー・ロメロ:2年ぐらい前にクイーンのカバー・バンドで、必ずしもヒット曲ではないけど素晴らしいナンバーをカバーしていたんだ。「ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン」や「リヴ・フォーエヴァー」とかね。そのひとつが「ノー・ワン・バット・ユー」だった。フレディ・マーキュリーが亡くなった後に発表された曲だけど、クイーンの曲でも最もエモーショナルなもののひとつだよ。隠れた名曲を掘り起こすのが好きなんだ。ローズ・オブ・ブラックのアルバムでもクイーンの「イニュエンドウ」やブルース・ディッキンソンの「ティアーズ・オブ・ザ・ドラゴン」をカバーしてきたし、レインボーの「レディ・オブ・ザ・レイク」やアンスラックスの「オンリー」もレコーディングしたことがある。まだ発表していないけれど、機会があったら世に出したいね。

──ローズ・オブ・ブラックのライブではレインボーの「キル・ザ・キング」をプレイしていますが、それは本家レインボーが演らないからですか?

ロニー・ロメロ:そういうわけではないけどね(笑)。好きな曲だからだよ。ドラマーのアンディCの一番好きな曲で、ローズ・オブ・ブラックを始める前、彼とレインボーのカバー・バンドをやっていた頃からプレイしていたよ。アップテンポでパワフルな曲だし、最高に盛り上がるんだ。

──本家レインボーで「キル・ザ・キング」をやろうという提案は?

ロニー・ロメロ:特にしていない。「キル・ザ・キング」、それから「ロスト・イン・ハリウッド」などにはある特定のスタイルのドラミングが必要だと思うんだ。現在レインボーで叩いているデヴィッド・キースは素晴らしいドラマーだけど、また異なったスタイルの持ち主だと思う。彼のドラム・プレイはディープ・パープルの曲とマッチしている。そういう向き・不向きは、誰にでもあることだ。俺は「ストリート・オブ・ドリームス」「キャント・レット・ユー・ゴー」などジョー・リン・ターナー期のレインボーの曲が大好きだけど、あまり自分の声質に合わない気がする。それと同じように、ジョーは素晴らしいシンガーで、俺はファンだけど、彼が歌う「スターゲイザー」は曲にフィットしているとは思わない。ただ、2017年のショーでは今までやったことのない曲もプレイするつもりだし、新しいチャレンジに対してオープンであろうと考えているよ。まあ、レインボーでうまく行かなかったらローズ・オブ・ブラックでチャレンジすることもできるし、そういう意味で俺はラッキーな立場にあるね(笑)。

──レインボーのドイツ公演ではシン・リジィがサポートに付きましたね。

ロニー・ロメロ:シン・リジィは大好きだし、影響を受けてきた。トニー(ヘルナンド/ギター)も同じだよ。ローズ・オブ・ブラック『II』の「クライ・ノー・モア」はフィル・ライノットをイメージして書いた曲なんだ。“バッド・レピュテーション”や“カウボーイ”、“レネゲイド”とかが歌詞にあるし、“Are you out there?”というのはフィルの決めゼリフだった。ミュージック・ビデオはローズ・オブ・ブラックがパブで演奏しているのをフィルが見ているというものだよ。俺たちのシン・リジィへのトリビュートなんだ。ジョン・サイクスの奥さんとは友達だけど、「ジョンがビデオを見てすごく喜んでいた」と言ってくれたよ。

──もしローズ・オブ・ブラックでシン・リジィの曲をカバーするとしたら?

ロニー・ロメロ:何だろうな、シン・リジィはどの時期も全部好きだけど、ローズ・オブ・ブラックでカバーするとしたらおそらく後期のヘヴィな曲になると思うよ。フィル・ライノットは素晴らしいシンガーで、最高のソングライター、そしてショーマンだった。彼みたいなロッカーは二度と現れないだろうね。

取材・文:山崎智之

<LORDS OF BLACK初単独来日公演>
8月30日(水)
@渋谷クラブクアトロ
18時開場 19時開演
主催:伊藤政則のロックTV!/ワードレコーズ、bayfm「POWER ROCK TODAY」
制作・運営:ウドー音楽事務所
¥7,500(スタンディング/入場整理番号付/税込)
※ドリンク代別
※6歳未満(未就学児童)入場不可

8月31日(木)
@梅田クラブクアトロ
18時開場 19時開演
主催:伊藤政則のロックTV!/ワードレコーズ、bayfm「POWER ROCK TODAY」
制作・運営:ウドー音楽事務所
協力:大阪ウドー音楽事務所
¥7,500(スタンディング/入場整理番号付/税込)
※ドリンク代別
※6歳未満(未就学児童)入場不可

ウドーチケットセンター特電 0570-08-9921
ローソンチケット
・東京公演 TEL: 0570-084-003 Lコード:72230
・大阪公演 TEL: 0570-084-005 Lコード:53257
チケットぴあ
・東京公演 TEL: 0570-02-9999 Pコード:330-895
・大阪公演 TEL: 0570-02-9999 Pコード:331-180
CNプレイガイド(東京公演のみ)
・東京公演 TEL: 0570-08-9999 (10:00〜18:00受付、オペレーター対応)
イープラス(https://eplus.jp/ath/word/88198)
ワードレコーズ・ダイレクト(https://wardrecords.com/products/detail2387.html)
[問]ウドー音楽事務所 udo.jp

◆<LORDS OF BLACK初単独来日公演>オフィシャルサイト
◆ローズ・オブ・ブラック『ローズ・オブ・ブラックII』オフィシャルページ