無念の棄権となった世界ランキング9位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

全英前哨戦を棄権、過去10年通算24回は男子1位…仏紙もコンディション不安視

 男子テニスシングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が、22日のゲリー・ウェーバー・オープン2回戦で同38位のカレン・ハチャノフ(ロシア)戦を途中棄権した。第1セットで臀部に痛みを訴え、7月2日開幕の全英オープンの前哨戦で2015年、16年に続く、3大会連続のアクシデントとなったが、フランスメディアは「ツアーで最も壊れやすい選手」と報じ、日本のエースのコンディションを不安視している。

 ハチャノフ相手に鋭いプレーを見せていた錦織に異変が起きたのは第1セットの第6ゲーム。左の腰あたりを気にした日本のエースはメディカルタイムアウトを求めると、コート上で二人がかりの治療を受けた。しかし、最終的にはプレーを続行できず、全英オープン前哨戦で痛恨の棄権を余儀なくされた。

 フランス地元紙「レキップ」電子版は、「ケイ・ニシコリ、ツアーで最も壊れやすい選手」と異例の特集。「ニシコリはタオルを投げざるを得なかった」と伝え、ハレの芝コートでは2015年には左ふくらはぎ、16年には左脇腹を痛めて棄権したことに触れている。

 また記事では、錦織が過去10年のATPツアーで棄権を24回し、男子選手の中でワーストであるとデータを紹介。2位は世界ランク30位のリシャール・ガスケ(フランス)の22回、3位は同16位のガエル・モンフィス(フランス)の21回で続くが、「錦織の棄権率は、世界ランキング10位以内の選手の中では群を抜いて高い」と脆さをレポートしている。シーズン平均の棄権数2.2回は、2位のドミニク・ティエム(オーストリア)の1.6回と比べても突出しているという。

 今季は手首、足首、臀部などコンディショニングに苦しむ錦織。“負のデータ”で実証されてしまった「壊れやすい」というレッテルをはがせるだろうか。

錦織は合計&平均とも1位…「レキップ」が紹介した男子の途中棄権データ

【合計数】
順位 名前 回数
1位 錦織圭(日本) 24回
2位 リシャール・ガスケ(フランス) 22回
3位 ガエル・モンフィス(フランス) 21回
4位 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス) 17回
5位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 12回
5位 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ) 12回
7位 ラファエル・ナダル(スペイン) 11回
8位 ドミニク・ティエム(オーストリア) 8回
8位 アンディ・マレー(英国) 8回
8位 ジル・シモン(フランス) 8回

【平均数】

順位 名前 回数
1位 錦織圭(日本) 2.2回
2位 ドミニク・ティエム(オーストリア) 1.6回
3位 ガエル・モンフィス(フランス) 1.5回
4位 リシャール・ガスケ(フランス) 1.4回
5位 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ) 1.2回
5位 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス) 1.2回
7位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 0.8回
8位 ルーカス・プイユ(フランス) 0.7回
9位 アンディ・マレー(英国) 0.6回
9位 ラファエル・ナダル(スペイン) 0.6回