プロ野球交流戦・中日−西武で8回、投球する中日の岩瀬仁紀投手=6月18日、ナゴヤドーム(写真=時事通信フォト)

写真拡大

私たちは何のために働くのか。自分のためか、チームのためか。中日に岩瀬仁紀という投手がいる。42歳。日本一の「セーブ王」で、「1000試合登板」という前人未踏の記録に迫りつつある。「自分の記録は興味ない」「チームが勝つことが第一」。そう公言する「地味だけどすごい働き方」とは――。

■中日ドラゴンズの「記録製造器」

さほど野球に詳しくなくても、日本プロ野球に岩瀬仁紀、という投手がいることはご存じだろう。低迷が続く中日ドラゴンズ所属だけに、印象は薄いだろうが「長い間、投げている左投手」「リリーフ専門のような……」というぐらいのイメージは浸透しているのではないか。

この岩瀬という男、地味ではあるが、むちゃくちゃすごいのである。前人未到の記録をいくつも持ち、不惑を過ぎても腕を振るい続け、これからも記録を打ち立てようとしている。まさに歩く「記録製造器」。記録のデパートなのだ。

岩瀬といえば「セーブ王」というのが一般的な評価だろう。これまでに積み上がったセーブ数は、403。2位はヤクルトなどで活躍した高津臣吾の286だから、その偉大さが分かる。大魔神こと佐々木主浩は日本で252、米メジャーリーグで129のセーブを稼いでいるが、日米通算しても岩瀬に及ばない。プロ・アスリートは「記憶」に残るタイプと「記録」に残るタイプに分かれるが、岩瀬の場合は典型的な後者なのだ。

入団以来15年連続50試合以上投げ続けた。それまでの記録が、9年連続だったというから、これも前人未到。この記録は2014年に途絶えたが、今年、42歳にして復調。4年ぶり、16度目の50試合登板の達成を予感させる。

シーズン記録では05年に年間最多セーブの46という記録を打ち立てている。この年を含め、5回、年間最多セーブ投手となっている。

岩瀬は愛知県の西尾東高校から愛知大学、NTT東海を経て1999年に中日入り。大学時代は、投打二刀流だった。打撃では通算安打124本で愛知大学リーグ記録にあと1本まで迫った。後に本人も振り返っているが、もしリーグ記録を打ち立てていたら打者としてプロを目指していたかもしれない。大学時代の安打数が記録に1本足りなかったことが後の「記録製造器」を生んだことになる。

■「セーブ王」までの回り道

「セーブ王」にたどり着くまで、岩瀬は回り道をしている。入団したころの中日は投手王国だったため、役割はだいたい7、8回を任せられる中継ぎ投手だった。抑えになったのは30歳を迎える2004年のシーズンの途中から。遅咲きだったが、翌05年以降は9年連続30セーブ以上という金字塔を打ち立てた。抑えになってからわずか7年目の10年に250セーブをクリアして名球会入りを果たしてる。

圧倒的な決め球があるわけではない。全盛期は140キロ台後半が出た直球は、130キロ台に落ちた。持ち味はスライダーを内外角に出し入れする投球術。完璧に抑えるわけではなく、ランナーを出すが最終的には無得点に抑える、というのが岩瀬流だ。ファンの間では「3凡」ならぬ「4凡」という言葉がある。つまり、打者をきりきり舞いさせて3者凡退に抑えるのではなく、1イニング投げる間に1人ぐらいは安打か四球で走者を出し、それでも0点で抑える岩瀬の「ルーティン」を表している。

ルックスは地味だ。試合後のインタビューもあか抜けしない。「自分の記録は興味ない」「チームが勝つことが第一」などなど。当然、メディアで大きく扱われることは少ない。

■落合博満監督のアシスト

岩瀬が大量のセーブを積み上げることができたのは、全盛期に中日の監督を務めた落合博満のアシストがあったことはあまり知られていない。現役時代、チームの成績より自身の記録へ執着を持ち三冠王を3度獲得するなど、輝かしい球歴を持つ落合は、岩瀬にセーブがつきやすい起用を徹底した。岩瀬の場合9回の1イニングを任せられることが多かった。3点以下のリードなら1イニング投げ切ればセーブがつくが4点以上ならつかない。落合は、自チームが追加点を挙げてリード4点差になれば、岩瀬を温存し、他の選手を起用した。逆に大量リードの9回、他のリリーフ投手が打たれて「セーブがつく点差」になると岩瀬を投入した。

実際、当時の中日球団は、2、3点差リードで最終回を迎えることが非常に多く「岩瀬セーブ互助会」などと揶揄されることもあった。

決して層が厚いとはいえない球団ゆえ、強力なライバルが出現しなかったことも幸運だった。毎年のように抑え候補の外国人が来日する巨人のような球団にいたら、岩瀬の記録は達成できなかっただろう。

■「米田」「金田」越えという金字塔

これから打ち立てようとしている記録で、最も偉大なのが通算登板数ではないか。岩瀬は今シーズン30試合登板し(6月23日現在)、通算登板数を934まで増やしている。現役で2位は五十嵐亮太(ソフトバンク)の737試合。約200の差をつけている。その岩瀬が、今年、歴代通算の最高登板数にたどり着こうとしている。これまでの最高記録は阪急などで活躍した米田哲也の949。2位が、あの金田正一で944。そして岩瀬は3位につけている。

米田の「949」は、王貞治の本塁打・868本、福本豊の盗塁・1065、金田の400勝などと並び「絶対破れない記録」の1つとされてきたものの1つだ。それを岩瀬がクリアしようとしている。今のままのペースなら今シーズン中に達成が見込まれる。

先発、完投が当たり前だった米田、金田と比べ、リリーフ専門の岩瀬の「登板数」はあまり評価されないかもしれない。実際、岩瀬が投げた投球回数は1000イニングに満たないが、米田、金田は、5倍以上投げている。とは言え、毎日ブルペンで肩をつくるリリーフ投手は重労働で、往々にして短命で終わることが多い。大学、社会人を経てプロに入団した遅咲きの岩瀬が、最高記録を打ち立てようとしていることは、評価されるべきではないか。

■もう少し早く「HP」が導入されていたら

岩瀬はもう1つ、隠れた記録ホルダーである“可能性”がある。「可能性がある」と書いたのは、正式なデータがないからだ。

中継ぎ投手が、その職責を果たした時に与えられる「ホールドポイント(HP)」。細かい規定は省くが、自軍が同点もしくはリードしている時に投げて、次の投手に無難引き継いだ時のポイントだと思えばいい。岩瀬はこれまで79(同)のHPを得ている。これはさほど驚く数字ではない。最高記録は巨人・山口鉄也の324(同)だ。

しかし、HPという記録は、岩瀬が抑え1本となっている05年からカウントされるようになったことを忘れてはないらない。先ほど書いたように、岩瀬は1999年から04年の途中まで、中継ぎ投手だった。それもリーグを代表する存在だった。

主に接戦や勝ちゲームで60試合程度の登板を重ねてきた岩瀬。もし入団した時からHP制度が導入されていれば年間40程度を稼いでいたことだろう。6年間、40ずつHPを稼いでいたら240。05年以降が79だからトータルすると319。実質的に歴代最高記録級の活躍ということになる。岩瀬は、抑えとしてだけでなく、中継ぎ投手としても日本有数の実績を残してきたのだ。

今年は抑えを田島慎二に譲り、中継ぎに徹してきた岩瀬。ところが6月23日には3年ぶりにセーブを記録。42歳、”老いて”ますます盛んだ。今後もHPやセーブを積み重ねながら登板回数949に近づいていくことだろう。そして来年は1000試合登板を目指すことになる。

(写真=時事通信フォト)