喫茶店やカフェにいった時、メニューに色々な種類のコーヒーがあって、正直違いがわからない、どれを頼めばいいのかわからない、と困ってしまうあなた。確かに「コーヒー」は「コーヒー」でお願いしたいところ。そんなあなたのために、喫茶店やカフェで見かけるアメリカンやヨーロピアンといった、コーヒーの特徴や違いについて簡単にまとめてみました。

大抵のカフェで見かける「ブレンド」

大抵の喫茶店やカフェで「ブレンド」を見かけますが、これは名前通り各種コーヒー豆をいくつかブレンドさせてつくったコーヒーのことを指します。喫茶店やカフェの趣向によって、コーヒー豆の種類が違っていたり、産地が違っていたり、焙煎度合いが違っていたりします。つまりは各々のお店のこだわりが詰まったオリジナルのミックスコーヒーが「ブレンド」というわけですね。一口にブレンドといっても、その味はお店ごとにばらばら。でもブレンドこそその店のイチオシのはずですから、まずはブレンドを頼むのが無難。特にオーナーにこだわりがありそうなお店やいろいろな豆を並べている喫茶店では一度はブレンドを頼むと良いでしょう。

アメリカ産というわけではない!「アメリカン」

こちらも定番のコーヒーメニューではありますが、念のために確認しておくと、アメリカ産のコーヒーというわけではないのであしからず。「アメリカン」とはコーヒー豆の焙煎の薄いコーヒーを指し、色が薄く酸味が強いのが特徴のコーヒーです。その特徴からただのお湯で薄めた薄いコーヒーと勘違いされがちですが、希釈したコーヒーではなく、あくまで浅煎りしたコーヒー豆からいれられるコーヒーがアメリカンであるということです。アメリカンは味は薄く感じられるものの、カフェイン量が多めである特長があるようです。ちなみにアメリカンは和製英語なので、外国でアメリカンと言っても通じません。外国ではこれをウィークコーヒー(weak coffee)と呼んでいます。

当然ヨーロッパ産というわけではない!「ヨーロピアン」

こちらも混乱を招きそうなネーミングではありますが、もちろんヨーロッパ産のコーヒーというわけではありません。アメリカンがコーヒー豆の焙煎が薄いのに対して、ヨーロピアンはコーヒー豆の焙煎が深く、色が濃く苦味が強いのが特徴のコーヒーです。その特徴からただの濃いコーヒーと勘違いされがちですが、別に濃くしたコーヒーではなく、あくまで深煎りしたコーヒー豆からいれられるコーヒーがヨーロピアンであるということです。ちなみに外国ではこれをストロングコーヒー(strong coffee)と呼びます。ブレンドやアメリカン、ヨーロピアンの特徴や違いがわかったところで、早速喫茶店やカフェに行き、それぞれの見た目や味の違いを確かめに行ってみてはいかがでしょうか。またコーヒーには健康作用も発見されていますので、自分の好みの味を見つけて、ヘルシーなコーヒータイムを味わってくださいね。


writer:サプリ編集部