新興メディア帝国「Vice」を生んだ47歳、シェーン・スミスという男

写真拡大

Vice Media共同創業者でCEOのシェーン・スミスの資産が10億ドルを突破した。Vice Mediaは先日、4億5000万ドル(約500億円)の資金調達を行い、その際の企業価値は約57億ドル(約6350億円)とされた。これによりスミスの資産額は10億ドルを上回ることになった。

今回の調達ラウンドはプライベート・エクイティ企業のTPGがリードした。Viceには2014年にA+E Networksが10%の株式と引き換えに2億5000万ドルを出資していたが、当時と比較すると同社の株の価値は128%上昇したことになる。

フォーブスは現在47歳のスミスは約20%のVice株を所有すると推測する。Viceは非公開企業であるため、フォーブスのビリオネアリストの算出方法では持ち株の資産額は10%低く算定される。さらに、ロサンゼルスとマンハッタンに所有する不動産の評価額を加味した結果、スミスの資産額は10億ドルと算定された。

2014年のフォーブスの取材にスミスは「金には関心が無い」と応えていた。当時の彼の資産額は4億ドルだった。

Viceの設立は1994年。ミレニアル世代にフォーカスした出版社として始動した同社はデジタルメディアや動画に進出し、ニュースや音楽、フード分野で若者たちを魅了した。しかし、2007年時点の売上はわずか2800万ドルだった。

その後、2014年にケーブルチャンネルのVicelandをA+E Networksとのジョイントベンチャーとして立ち上げたが、同チャンネルの視聴者数は直近で平均6万人と苦戦中だ。

企業価値57億ドルは「過大評価」との声も

しかし、2015年の売上が約5億ドルと伝えられるViceの評価額(57億ドル)は、アマゾンのジェフ・ベゾスが2013年、ワシントン・ポスト買収に投じた2億5000万ドルの22倍にも達している。また、同じく巨大メディア企業であるタイムの時価総額14億ドルも、はるかに凌いでいる。

調査企業eMarketerのアナリストPaul Vernaは「Viceは過大に評価されているのかもしれない。ただし、ワシントン・ポストやタイムを比較対象とするのは誤りだ。Viceはエンタメ企業として、もっと大きなポテンシャルを秘めている」と述べた。

一方で、Viceの初期の投資家らは冷めた目で見ているとも言える。広告業界の巨大企業WPPは6年前に同社の株式を推定8%取得したが、その後は投資していない。21st Century Foxも2013年、5%を7000万ドルで取得したが、その後の動きはない。

2014年にはフェイスブックやネットフリックスの株主でもあるシリコンバレーのベンチャーキャピタル、Technology Crossover Venturesが10%を2億5000万ドルで取得していた。

その1年後にウォルト・ディズニーが10%を4億ドルで追加購入し、ディズニーの持ち株は約18%に達していた(ディズニーは同時にA+E Networksを経由して、Viceの支配権の一部を握っている)。その際のViceの評価額は40億ドルから45億ドルとされていた。

昨年の夏時点ではディズニーがViceを買収することになると思われていた。しかし、今回のラウンドにディズニーは参加しなかった。

市場関係者からもViceの評価は高すぎるという声が出ているが、Viceが今後、IPOに踏み切るとの見方は強い。ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、CEOのスミスはIPO計画を役員会に提案したが、役員会はこれを否決したという。

2012年のフォーブスのインタビューでスミスはこう述べていた。「デジタルメディアとして次世代のCNNやESPN、MTVのポジションを狙っている。誇大妄想に聞こえるかもしれないけれど、自分たちは世界最大のネットワークの一つになろうとしている」

スミスの夢はまだ実現していない。しかし、少なくとも彼が世界で最も裕福な人物のリストに仲間入りを果たしたことは確かだ。