グーグルのロゴ。フランスのベルトゥーで撮影(2016年12月28日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米グーグル(Google)は23日、無料電子メールサービス「Gメール(Gmail)」利用者の受信トレイの中身をスキャンし、マーケティング目的で使用することを停止すると発表した。同サービス開始以来、プライバシーに関する懸念事項となっていたこの行為に終止符が打たれることになった。

 グーグルの声明によると、Gメール利用者には引き続き「パーソナライズされた」広告やマーケティング・メッセージなどが表示されるが、これらは検索履歴やインターネット閲覧履歴などのデータに基づいたものとなる。

 グーグル・クラウド(Google Cloud)担当のダイアン・グリーン(Diane Greene)上級副社長は、今後は無料のGメールも、ビジネス向けの有料メールサービスである「G Suite Gメール(G Suite Gmail)と同じ方法が適用されるとブログ上で述べた。

 グリーン氏は、「今回の変更後、広告のパーソナライズ目的でGメール消費者のコンテンツが利用されたり、スキャンされたりすることはない」と発表。また「この決定により、Gメールの広告にもグーグルの他の製品に使われている広告のパーソナライズと同じ方法が取られることになる。広告は利用者の設定に基づいて表示される。利用者はいつでも設定の変更が可能で、広告のパーソナライズを無効とすることもできる」と説明している。

 個人情報の保護を求める活動家らは、電子メールの中身をスキャンすることは利用者を「盗聴」するに等しいと主張していた。
【翻訳編集】AFPBB News