【ゴルフ】初心者女子あるあるNGシーンって!? これだけは覚えておきたい「4つのマナー」

写真拡大

同伴者のイライラを招かないための「ゴルフ初心者女子の心得」って意外と大事です。

不倫にハマる「独身ゴルフ女子」続出! ゴルフ場に潜むワナ&既婚男子の策略

実は、女子がゴルフを始めると、必ずブチ当たる“ゴルフあるある”なシーンもあります。

そんな場面でどう振る舞うかによって、同伴者をイラつかせたり迷惑をかけたりしてしまえば、次のラウンドチャンスだって逃してしまうかも。

初心者女子が心得ておくべきことを、「あるある!」なシーン別に4パターンお伝えします。

シーン1. 木の根っこに入ったボールをそのまま打たされそうになって…

木の根っこなどにボールがかかっている場合、俗に言われる「6インチルール(注:自分に不利な場所にボールがある場合に、ホールに近づかない範囲で6インチまでボールをズラせるローカルルール)」を適用して、ボールを別の場所に置き打たせてくれる人も多いのですが、なかには初心者なのにその場からムリやり打たせようとするマジメな教え魔男子もいます。

「えっ。この場合は6インチズラせるはずでは…」と思いますが、同伴者がそう言っている以上は、どんなに難しそうでも木の根っこから打っておくのが正解。

初心者女子はプロゴルファーとして打っているわけではないですし、「6インチルール」は、そもそもローカルルールなのです。

こんなシーンではスコアは気にせずに、人間関係を優先させておきましょう。

シーン2. 打ったボールが木に当たって、何度打っても自分のほうに戻ってきてしまいました

せっかく打ったボールが林などの木にあたり、自分のほうに戻ってきてしまう場面もゴルフではありがち。

何度打ってもボールが返ってくると初心者はめげてしまいますが、これも「ゴルフあるある」のひとつです。

ちなみに、何度も木にぶつかる展開が生じている場合は、大抵がグリーンめがけてショートカットして打とうとしている場面。

こんな時は、グリーンを目指さずに、遠回りに見えても障害物のないフェアウエイに出したほうがモタつかずに済みます。

ゴルフでは、ヘタに初心者がショートカットをすべく無理をすると時間ばかりかかってしまうので、遠回りに見えても安全なルートを選択したほうが、同伴者を待たせずに済みます。

シーン3. グリーン上で「オッケー!」と言われて…

グリーン上で、ほぼ次の1打でカップに入りそうな距離にボールが来ると、「オッケー」と言われることがあります。

これは、「打てば絶対に入る距離だから、時間を短縮するためにももう打たなくていいよ」の意味。

けれども、初心者女子は「オッケーだから、ここで終わりでいいんだ!」とカン違いしてしまうことがあるので危険なのです。

「オッケー」が出た場合のスコアは、これまで打った数に一打足すのが正解で、「オッケー」の時点までのカウントではありません。

ここのカウントを間違えて、各ホール1打ずつ少ない申告をしている初心者女子がチラホラ見かけますが、同伴者はどう指摘すべきか悩んだりイライラしたりする引き金になるので、カウントはお間違いなく。

シーン4. 後半のスタート時間ギリギリまで、同伴者の食事やお酒に付き合わされました

ゴルフに精通した男性だと、後半のスタート時間ギリギリまで食事をしたり、お酒を飲んだりしてノンビリ準備している人もいますね。

しかし、初心者が一緒になってランチ中にお酒を飲んだり食事をしたりしてしまうと、そのあとのトイレなどを考慮しても必ずと言っていいほど遅刻します。

カートには、できればスタート時間の10分前には戻っているのがマナー。

慣れている男性たちは、レストランからそのまま行っても間に合いますが、不慣れな初心者ほど、自分がラウンド前にトイレに行く時間、メイク直しをする時間を逆算して動かないと、後半のスタート間際になって同伴者をイラつかせてしまいます。

食事やお酒のペースは、同伴者に合わせるよりも自分のペースを守ったほうが、後半のプレーに響きにくくなります。

今回はゴルフ初心者女子が心得ておくべき点を、「ゴルフあるある」な場面別に4つお伝えしました。

プロゴルファーではありませんし、初心者ほど同伴者との人間関係を円滑に進めるべく行動を選択していきましょう。