© Twitter, Inc. 以下同じ

新デザインが注目を集めた『Twitter』公式アプリには、実は新たな機能も追加されています。中でも絶対にチェックしておきたい新機能をご紹介します。

リンク先のウェブページが見やすくなる新機能

ツイートに添付されているカードやURLを開くと、これまでは独自のアプリ内ブラウザを使っていましたが、今回のアップデートで変更。Safariをベースにした、共通のアプリ内ブラウザを使うようになりました。


タイムラインや元のツイートに戻りたいときは、画面左端を右にスワイプするだけ。【完了】をタップする必要はありません。


Safariがベースになっているので、ウェブページの広告などをブロックできるコンテンツブロッカーも適用されます。

Safariで使える「リーダー表示」が、Twitterアプリのブラウザでも使えるようになりました。これを使えば、記事が読みやすくなります。左が使用前、右が使用後です。


複数のページにまたがる記事については、自動でほかのページの記事も読み込み、1つのページにまとめてくれるのでページ移動の手間も減ります。

リーダー表示の使い方

リンクを開いたら、画面左上の【完了】の隣にある【≣】をタップしましょう。


画面右上にある【AA】をタップすると、文字サイズ・背景色・フォントを選べます。1度設定すれば、ふたたび利用するときに同じ設定で表示します。


リーダー表示を常にオンにする方法

初期設定のままでは、ウェブページを開くたびにリーダー表示をオンにする必要があります。常にリーダー表示で開きたいときは、設定を変えましょう。

ホーム画面を右にスワイプするか、画面左上のプロフィール画像をタップして、メニューの【設定とプライバシー】を開きます。


設定の【アクセシビリティ】を開き、【リンクをリーダー表示で開く】をオンにします。


これで常にリーダー表示でウェブページを開けますが、対応していないウェブページは通常通りに表示されます。

リーダー表示の注意点

リーダー表示は、ウェブページの本文と思われる部分を自動で抽出する機能です。そのため、本文をうまく抽出できなかったり、ページのデザインや表が崩れて表示されたりすることがあります。

そういった場合には、リーダー表示をオフにしましょう。


本家のSafariでも、同じ方法でリーダー表示が使えます。ただし、Twitter公式アプリのようにリーダー表示を常に使う方法はありません。