いまメディアで話題の「マレーシア大富豪」をご存じだろうか? お名前は小西史彦さん。24歳のときに、無一文で日本を飛び出し、一代で、上場企業を含む約50社の一大企業グループを築き上げた人物。マレーシア国王から民間人として最高位の称号「タンスリ」を授けられた、国民的VIPである。このたび、小西さんがこれまでの人生で培ってきた「最強の人生訓」をまとめた書籍『マレーシア大富豪の教え』が刊行された。本連載では、「お金」「仕事」「信頼」「交渉」「人脈」「幸運」など、100%実話に基づく「最強の人生訓」の一部をご紹介する。

「お金」を貯めることに意味はない

 人生において、お金は重要なものです。
 特に、私は事業家として何事かを成し遂げるという目標をもって生きてきましたから、なおさらです。ビジネスで成功するためには、お金がなければ始まらない。事業に打って出るためには、軍資金が必要ですからね。そして、私は最初の「タネ銭」をつくるまでに、たいへん苦労しました。それは、「持たざる者」だから当然です。

 しかし、仕事に向き合う基本的な姿勢(連載第9回参照)さえしっかりしていれば、「軍資金」を手にするチャンスは誰にでも訪れると、私は考えています。私も、ある人物との信頼関係を築いたことがきっかけになって、本業とは関係のない靴の小売業で、はじめて多額の資金を手にすることができました(連載第8回参照)。

 では、私が最初に手にした「タネ銭」を何に使ったか?
 当然、新たな投資を行うために使いました。私は「お金」に興味があるわけではない。事業を成功させることに興味がある。だから、「お金」を貯めることには興味がありません。もちろん、なんらかの事業を始めるためには手元に一定規模の資金をもっておく必要はありますよ。しかし、それも事業のために必要だからもつのであって、「お金」を貯めることとは異なるのです。

 そして、「持たざる者」としての戦略はシンプルです。ビジネス・パートナーとして技術やノウハウの面で協力してくれる企業を探して、ジョイント・ベンチャーを組んで事業をスタートさせる。私の武器は「営業力」。特別な技術をもっていたわけではありませんから、当然の戦略です。

 まず、ターゲットにしたのは日本企業です。それぞれの分野で成功している、確かな技術をもっている日本企業に次々とアプローチ。中小企業から一部上場の超大企業まで、明確なビジネスプランを構築したうえで臆せずどんどん飛び込んで行って、合意に至った事業に積極的に投資していったのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)