中国地質調査局南シナ海神狐海域試験採掘プラットフォームが発表した情報によると、中国は21日午後2時52分現在、南シナ海・神狐海域で42日間連続でメタンハイドレートの試験採掘を行い、生産量が累計23万5000立方メートル以上に達している。

写真拡大

中国地質調査局南シナ海神狐海域試験採掘プラットフォームが発表した情報によると、中国は21日午後2時52分現在、南シナ海・神狐海域で42日間連続でメタンハイドレートの試験採掘を行い、生産量が累計23万5000立方メートル以上に達している。

これにより連続試験採掘時間はすでに世界一となっている。新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YF)