幸運を呼ぶ希少な植物の根としてインターネット上で販売されていたとみられる、乾燥させたオオトカゲの性器。非営利団体「ワールド・アニマル・プロテクション」提供(2017年6月20日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】乾燥させたオオトカゲの性器を、幸運を呼ぶ希少な植物の根だと偽り、インターネットで販売していたインド人の男が詐欺などの疑いで逮捕された。同国の森林当局が23日、発表した。

 オオトカゲはインド国内法で保護の対象となっているが、インドと英国の捜査当局は男の逮捕に先立つ数日前、インターネット上でトカゲの部位を「ハッタジョディ(Hatha Jodi)」と呼ばれる植物と偽って売りつける詐欺行為が発覚したとして注意を呼び掛けていた。

 逮捕された男は、インド中部マディヤプラデシュ(Madhya Pradesh)州でオオトカゲの部位を調達していたと、当局はみている。

 森林当局の職員はAFPに対し、「当局は(オオトカゲの性器を)押収し、検査のため研究所へと送った」と語った。また他の当局者が地元英字紙ヒンドゥスタン・タイムズ(Hindustan Times)に語った話によると、禁止の対象となっている他の動物の部位も男から押収されたという。

 インドおよび英国の捜査当局の報告によると、偽物の植物の根はインドのみならず、世界各地に発送され、価格はインド国内で6〜63ドル(約670〜7000円)、海外だと254ドル(約2万8000円)ほどだった。
【翻訳編集】AFPBB News