「追いかけっこをしていたリスはどこかなぁ?」と、木の上をひたすら見つめる犬。

しかしリスは……木の下にいたのです。

 

Puppy is still learning the art of squirrel chasing

Puppy is still learning the art of squirrel chasing


見上げる犬に対し、「あれっ?」とこちらを伺うリス。


あまりに犬が見上げるものだから、リスも釣られて見上げます。

[画像を見る]
リス「でも、僕はここだしなぁ」

[画像を見る]
リス「どうしよう、どうすればいいんだろう、この状況……」

いつまでも気が付かない犬なのでした。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●リスは「この犬は壊れてるのだろうか?」と静観している。

↑リスはきっと「木の家にまだ戻れないな、まだ犬がそこを見つめているから」と気づいているんだ。

↑単に反対側から登っていけばいいんじゃないのか。

↑人間だけが木には裏側があるってことを知っているんだ。

↑人間全員が知ってるわけではない。

●ある日の会話。
リス「おいおい、何を探しているんだい?」
犬「リスだよ。この木の上にいると思うんだ」
リス「本当? 上に?」
犬「そうだよ。捕まえるには、集中して見つめておかなきゃ」
リス「いい考えだ、集中するんだ。もしかしたら降りてくるかもしれないからね」

●ワーナーアニメ「バッグス・バニー」でこんな感じのを見た。

●そのリスは文字通り、犬が気づいてくれるのを待ってる。そうしたらまた追いかけてもらえるからね。

(投稿者)そうだね。「うーん、追いかけてくれるの? くれないの?」

●リス「これは罠なのか? それとも犬はバカなのか? 最初に走りだすべき? ダメだ、きっとそれを待ってるな。だが木に登ったらすぐに攻撃してくるのか? 今晩はデートがあるのに、さっさと決めてほしい」

●ファースト・レッスン:リスを見る方法。

↑セカンド・レッスン:間違った木に向かって吠えない。


犬の視力は0.3未満と言われているので、木の上がよくわからないのは仕方ないことかもしれません。

自慢の嗅覚は……どうしてしまったのでしょうね。

【木を見上げる犬「リス、どこに行ったのかなぁ?」リス「えっと、ここにいるんだけど…」】を全て見る