これでコンプレックス解消!丸型大きめ顔のひとがやるべき小顔メイク法

写真拡大 (全2枚)

丸顔がいや! サイズが大きいのがいや!といったようにお顔のコンプレックスは人それぞれ。

そもそも顔の大きさなんて変えられないし……!と思っていませんか? 実は誰でも簡単に出来る“小顔メイク法”があるんです。

そこで今回は、プロのヘアメイクとして年間1,000人以上もの女性を美しく変身させている筆者が「これでコンプレックス解消! 丸型大きめ顔のひとがやるべき小顔メイク法」をご紹介します。

■ベースは2色使いが必須

もともとお顔は立体的な球体なので、いかにそのメリハリをしっかりと出せるかがポイント。

小顔イコール奥行きがある、ということなんですね。特にお顔のサイズを気にしている人は、邪魔な部分を“奥行き”に変えてしまえば自然な小顔に大変身。

必要なアイテムは、通常の顔色に合わせたファンデーションと、一番暗いカラーのファンデーションの2色。

まずは、眉山からアゴ先にかけての逆三角形の内側を通常のファンデーションでカバーしたら、それ以外の箇所は全て一番暗いファンデーションで塗りましょう。

目元や口元などのパーツ部分だけ正面に目立たせて、あとは横顔に見せてしまうことがポイントです。

もちろん、色の境目はスポンジでぼかすように丁寧に塗りこみましょう。

■眉は眉山をしっかりとり、眉尻は長めに描く

小顔に見せるポイントは、しっかりと“眉山”をとること。この眉山こそが、正面のお顔と横顔の部分の差を出してくれます。

また、眉尻を長めに描ききることで、アゴ先をグッと細く見せることが出来ます。

特に丸顔を気にしている方は、この眉毛を取り入れてみて。こめかみからアゴ先にかけてのきれいな逆三角形のバランスになり、お顔がいつもより細く見えること間違いなしです。

■シェーディング&ハイライト効果で引き締める

小顔に見せる一番の必須アイテムでもある“シェーディング”。ベースに仕込んでおいた2色使いのファンデーションとのダブル効果で自然な奥行きを作ることが出来ます。

ポイントは、しっかりと生え際の髪の毛の地肌までカバーすること。見えない部分にも影を作ることで最大限の小顔効果を発揮します。

あわせてハイライトシャドーを通常のファンデーションを塗った正面の部分にのせることで、立体的な仕上がりに。

ベースメイクと仕上げに一手間加えるだけでも、お顔のサイズ感がグッと縮まります。

いかがでしょうか?  小顔メイク法のポイントは、奥行きと逆三角形のバランスにあります。アイテムを上手に使いこなして、コンプレックスゼロを目指してくださいね。 

これでコンプレックス解消!丸型大きめ顔のひとがやるべき小顔メイク法はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

古賀真知子

メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」