冷たい飲み物が欲しくなる夏がやってきた。アイスクリームと言えば、甘い味のものが一般的だが、今年は唐辛子味のアイスが「ダークホース」として登場し、アイスクリーム業界でのシェア争いに挑んでいる。

写真拡大

冷たい飲み物が欲しくなる夏がやってきた。アイスクリームと言えば、甘い味のものが一般的だが、今年は唐辛子味のアイスが「ダークホース」として登場し、アイスクリーム業界でのシェア争いに挑んでいる。外見から口当たりまで、今年登場した「風変わりアイス」は非常にバラエティに富んでいる。北京晨報が伝えた。

○体験:甘さの中に辛さがある「唐辛子アイス」

「最初はチョコレート味だが、飲み込んだ後に辛さを感じる」−北京に住む姜さん(女性)はこのほど、勇気をもって唐辛子アイスに挑戦し、その感想をこのように表現した。

今夏、アイスクリームの種類は極めて多く、見た目から口当たりに至るまで、風変わりな新商品が続々と登場している。あるコンビニでは、「唐辛子アイス」が1本4元(1元は約16.3円)で販売されている。黒い包み紙を開けると、長方形のアイスは上下2つの部分に色が分かれており、上半分は茶褐色、下半分は白色になっている。茶褐色の部分はチョコレート味だが、甘さの中から徐々に辛さが表れてくる。辛さはそれほど強くはなく、アイスが口の中で完全に溶けた後に口の中に残るのは、単純な甘さのみ。胃や食道には辛さによる刺激はない。白い部分を食べると、甘さがだんだんと濃厚になり、辛さは薄れていく。コンビニの店員は、「唐辛子アイスは、それほど売れてはいない。1日にせいぜい10本売れる程度だ」と話した。

○評価:両極端な味VSほどよい辛さ

オンラインショッピングサイトでも、この「唐辛子アイス」を買うことができる。価格は30本で148元。だが、この商品の旗艦店でも、1カ月の受注数はわずか16件という。

「唐辛子アイス」の味に関する人々の評価はまちまちだ。「(甘みと辛さが)両極端」とする人がいる一方で、「全然辛くない」という感想の人もいる。前出の姜さんは、「この味は常識からかけ離れている。暑さを和らげるものなのか、身体をいっそう火照らせるものなのか、正直良く分からない」と感想を述べた。

唐辛子アイスのほか、「卵」や「ビスケット・サンドイッチ」など、一見するとアイスクリームとは全く無縁の名前が、今年発売された新製品アイスのラインナップに名を連ねている。多くの新商品は、変わった味のほか、常識では考えられない形や成分を売りにしている。

○専門家:「主流は依然、従来の一般的な味のアイス」

市場には変わった新商品が次々に登場しているが、実際のところ、従来の一般的な味のアイスが引き続き、市場の主流を占めている。竜品錫市場研究シニア研究員の祝宝威氏は、次のような見方を示した。

「世界規模での調査の結果、順位の違いは若干あるものの、アイスクリーム市場では、バニラ、イチゴ、チョコレート、ミルクの4種類の味が、『好みのフレーバー』の上位4位を独占している状態は変わらない。2016年、中国アイスクリーム業界の売上は1100億元を上回った。一風変わった新しいフレーバーは毎年のように登場しているが、全体から見るとごく一部に過ぎない。このような商品は、一度試してみたいという理由で購入する人が多い。また、食べた直後には変わった味がするが、だんだんと悪くない味だと感じられる商品も少なくない」。

「アイスクリームの人気フレーバーの変化は、消費者が味のアップグレードを好むことから起こる場合が多い。例えば、消費者の心の中でドリアンに対する認知度と受容度が高まるにつれて、ドリアン味のアイスクリームもだんだんと普及してきた。ヨーグルト風味も、2年ほど前から突然登場したフレーバーで、2014年から市場シェアを拡大している。消費者が一層健康を重視するようになり、商品自体も元来の『ヨーグルト味』から『ヨーグルト成分含有』にシフトしていることから、ヨーグルトアイスは、アイス市場の『ダークホース』となった」。(提供/人民網日本語版・編集KM)