ネタバレしちゃった!? - 降谷建志

写真拡大

 Dragon Ash の降谷建志が23日、都内で行われた映画『アリーキャット』プレミア上映会に窪塚洋介、市川由衣、品川祐(品川庄司)、榊英雄監督とともに出席。映画の舞台あいさつが初めてということもあってか、降谷は上映前にも関わらずうっかりネタバレ発言をしてしまい、榊監督や品川から「そこの新人俳優!」とツッコまれていた。

 冒頭、窪塚が「こんばんは。ジャッキー・チェンです!」と自己紹介すると、降谷も「はいどうも、皆さんこんにちは。サモ・ハン・キンポーです!」と往年のジャッキー映画でジャッキーと名コンビを見せた俳優の名前を出し、ご機嫌にあいさつ。「すごく短い期間で作った作品ですけど、皆の温もりがこもっているので、今日を迎えられて良かったです」と率直な思いを口にした。

 その後、撮影エピソードなどで盛り上がる中、降谷が思わずネタバレ発言をしてしまい、榊監督らから激しくツッコまれる羽目に。その様子を見ていた窪塚は、「現場での2人(監督と品川)の建志くんへのツッコミがハンパないんですよ。でも建志くんは懐が深いので、『お願いしやっす!』とか言って “フルオープンハート”でいてくれたので、俺らはそこにほだされるように(撮影中は)純度と温度を上げていけました」とフォローした。

 すると品川は「『新人俳優』っていじっていたんじゃなくて、本当に気さくなんだけど、ちょいちょい Dragon Ash が漏れるから、何か発言した時に Dragon Ash っぽさが出たら、『いや、Dragon Ash すんなよ』と注意はしていました(笑)」と釈明した。また、品川は以前、ロックフェスに行った際のエピソードも紹介。トイレに置き忘れてしまった財布をなぜか Dragon Ash が預かってくれていたそうで、楽屋に取りに行くと「イェーイ! 良かったですね」と渡してくれたとか。最初は「Dragon Ash はヤバイ奴の集まり」と思っていた品川は、「それからはタトゥーをいれている人を悪い目で見るのはやめたんです」と打ち明けて笑いをさらった。

 本作は、かつて東洋チャンピオンだった元ボクサーのマル(窪塚)が、ひょんなことから相棒となったとリリィ(降谷)と一緒に一人の女性を守るために奮闘し、熱い想いを取り戻していく姿を、クライムサスペンスの要素を含ませながら描いた人生再生物語。

 主演を務めた窪塚は、「『俺はこんなもんじゃない』というのは大なり小なり誰でも思うこと。でも行動することが全てだと思うので、そういう思いの人がいたら、この映画を観ることで新しいステージに踏み出してもらえたらうれしいです」と心を込めてコメントしていた。(取材/錦怜那)

映画『アリーキャット』は7月15日より全国公開