Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ハリー・スタイルズの継父ロビン・ツイストが、がんで亡くなった。享年57。ロビンは2013年にハリーの母アン・コックスと結婚し、わずか3週間ほど前に4年目の結婚記念日を祝ったばかりだった。
ロビンはアンと交際を始めてから、当時まだティーンエイジャーだったハリーと姉のジェマの成長を支えてきたという。ハリーは結婚式でロビンの介添人を務めるなど、良好な“親子”関係を築いていた。

「1D」のメンバーにもロビンと深い交流があったようで、この訃報を受けてそれぞれがSNSにお悔やみのメッセージを寄せている。リアム・ペインは「ハリー、君を思うと本当に胸が痛むよ。ロビンを知るすべての人にとって、こんなに悲しい日を迎えることになるとは。あんなにもやさしく、美しい心を持った人をいまの世の中で見つけるのは難しいことだ。時に、そういう素晴らしい人がこの世を早く去ってしまう」と追悼。ナイル・ホーランは、「ロビンが亡くなったと聞いてとても悲しい。彼に会ったことがある人なら知っている通り、彼はやさしく、親切で寛大で、すごくおもしろい人だった。深刻な病気と向き合っていても笑顔を絶やさなかったよ。愛してる、ハリー。君のお母さんと家族に、僕の家族から大きなハグを」。昨年12月に母親を亡くしたルイ・トムリンソンは「ロビンのことを聞いて、ものすごいショックを受けている。彼はとてもやさしく、楽しい人だった。君の家族に僕の愛を送ります。寂しくなるね」とツイートした。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
ゼイン・マリク、母を亡くしたルイ・トムリンソンを支える
ハリー・スタイルズのソロアルバムがビルボードチャート首位に
ハリー・スタイルズ、ソロデビューシングルのMVが公開に
1Dルイ・トムリンソン、母急逝の悲しみをこらえてTVで初ソロ曲披露
「ワン・ダイレクション」リアム・ペイン、第1子の男の子が誕生