【詳細】他の写真はこちら

リノベ、インテリアと聞いて、「興味ない」と思う人もいるだろう。そんな人にも見てほしいのが「Houzz」(ハウズ)だ。1300万枚のステキな写真が掲載され、眺めれば自宅インテリアを変えたくなること間違いない!

詳しく教えてくれたのはこの方!

加藤愛子/Houzz Japan代表取締役 シカゴ大学経済学部卒業。ゴールドマンサックスを経てビューティー・トレンド・ジャパン代表取締役、GLOSSYBOX 日本法人を創業。2014年より現職。

リノベーションの苦労が創業のきっかけ



「Houzz」は住まいづくりのコミュニティサイト。2009年に、シリコンバレーで創業された。

「創業者は夫婦で、自宅をリノベーションする際、思い描くイメージを集めるのも難しく、建築家や施工会社を見つける方法も限られていました。周囲にも同じ悩みの人が多かったのが創業のきっかけです」(加藤さん)

衣食住の中でも、住宅、特にインテリアの情報を集めたサイトは、それまで非常に少なかった。「Houzz」は、リノベーションをお願いする側だけでなく、建築家などプロフェッショナル側にとっても利用価値の高いサイトとなっている。依頼者とイメージを共有しやすいため理想の結果につなげやすいし、業者間を結びつける役割も持っているからだ。

「Houzz」は現在15カ所国でローカライズされ、全世界で約4000万人のユーザーがいる。日本版は2015年にスタート。国内のみでも約30万の事例が掲載されている。専用アプリはiOS、Androidともにアプリストアの、2015年度のベストアプリに選ばれた。まずはアプリのインストールから始めてみてほしい。

「Houzz」でできること01 写真を見る

集めることで自分の好みの傾向がわかる



「Houzz」に投稿されている写真は、約1300万枚。投稿は登録した専門家によるものなので、おしなべてクオリティは高い。Instagramのように写真を見ているだけでも楽しいが、気に入った写真は「アイデアブック」に保存していこう。

「写真を集めていくと、色やスタイルなど自分の好みの傾向を知ることができます。と同時に、今住んでいる家に感じている違和感の理由もわかるでしょう」(加藤さん)

アイデアブックに保存した写真は、ユーザー同士で簡単に共有が可能。夫婦や家族でこの機能を使えば、イメージの共有に役立つ。また、専門家に依頼する際にも利用できる。

【写真は部屋の種類やスタイルから見ることができる】

「キッチン」「寝室」といった部屋の種類、「モダン」「和風」などのスタイルから写真を表示できる。物件のある国や地域、コストでも絞り込める。



【アイデアブックはフォルダのように分けて整理できる】

写真には「+保存」のボタンがあり(Webではカーソルを写真の上に持っていくと表示)、押すとコメントと共に「アイデアブック」に保存される。「リビング」「書斎」といったようにカテゴリーごとに写真を分けていくこともできる。コメントは公開と非公開が選択でき、非公開にしておくと家族、友達や専門家とのみ共有することが可能だ。



【ワンクリックでメール共有も】

「メール」ボタンからリンクを送れる。スマホアプリには「シェアする」ボタンがあり、メール以外のシェアも可能だ。



【スマホなら手書きメモなどの機能が使える】

アプリには写真にテキストや手書きメモなどを書き加える機能がある。気になったポイント、伝えたいポイントが明確にできるので、そのままメールなどで共有するだけで、スムーズなコミュニケーションが可能になるだろう。その他にも、写真上で寸法をメモする機能(cm、m、インチなどに対応)、スタンプ機能、家具や雑貨などのアイテムを合成する機能も備えている。



「Houzz」でできること02 専門家を探す

得意とする分野がお願いする前にわかる



家づくり、リフォームでもっとも難しいのは、建築家などの専門家を探すこと。一生に何度も経験するイベントではないため、専門家への依頼に敷居の高さを感じる人も少なくないのではないだろうか。

「Houzz」では、建築家や工務店、インテリアデザイナーなど、住宅に関わるプロを見つけやすい。業種からはもちろん、「水回りのリフォーム」や「塗装・壁紙」といった得意分野からもアクセスすることができる。専門家のページでは過去に手がけた事例が写真付きで見られ、SNSのようにフォローすれば最新情報が手に入る。そして、オンラインで相談や依頼が可能なのだ。

【専門家は建築家からハウスクリーニングまで】

専門家といっても幅広く存在する。「Houzz」では職種や、得意とする分野からプロを探し出せる。また、写真家や収納、ハウスクリーニングといったプロの情報も掲載されている。



【プロジェクトごとに写真やデータを掲載】

各専門家のページには、連絡先やサービス内容、受賞歴などが掲載されている。もっとも参考になるのは過去に手がけたプロジェクト(事例)だろう。1つの事例につき複数の写真で説明されている。個々の写真について質問することも可能だ。



【オンラインで気軽に相談できる】

専門家へ直接メールで問い合わせや相談することができる。写真への「質問」は、誰でも見られるが、メールでの問い合わせでは第三者には見られない。



【評価やレビューしているのは実際に仕事をした人のみなので信頼できる】

各専門家には、評価(★の数)とコメントが掲載される。評価やコメントを書くことができるのは、仕事を依頼した施主、もしくは一緒に仕事をしたプロのみなので信頼度が高い。



「Houzz」でできること03 商品を見つける

気に入った商品は購入も可能



家具や建材、施設部品、家電、雑貨にいたるまで、家づくりやインテリア関連の商品が見つけられる。商品は事例の写真と同じように、アイデアブックへの保存やメール、SNSで共有する機能が備わっている。また「ストアを見る」ボタンを押せば、各メーカーのサイトで購入することも可能。

サイズやカラバリの有無など、疑問がある場合は質問機能が使える。豊富な商品からインテリアのイメージを膨らますのもアリだろう。

【家具などのインテリアから建材、ペット用品まで】

新築やリノベーション関連のアイテムはもちろん、日常生活で使用するガーデン用品、アウトドア用品、ペット用品まで取りそろえる。事例写真と同様にスタイルでも絞り込める。



「Houzz」でできること04 相談情報交換する

プロフェッショナルからの回答も期待できる



「相談・情報交換をする」のコーナーは、住まいの悩みや疑問を相談できる掲示板。写真などから質問した投稿もこちらに反映される。



相談の内容は、物件探しについてから、リフォームのタイミング、家具の修理、観葉植物についてまで、非常に多岐に渡っている。回答は、一般ユーザーに加えてプロフェッショナルからも多くコメントが寄せられており、そのまま依頼につなげることも可能だ。

【ビフォー&アフターの写真も】

インテリア、エクステリアの施工前、施工後の写真をアップするコーナーでは、プロによる投稿も。リノベーションの現実と可能性を探る上で非常に参考になるだろう。



文/小口覺

※『デジモノステーション』2017年7月号より抜粋