1
Photo: 三浦一紀


アイスシーズン到来!

梅雨の季節になりましたが、意外と雨が降らず、暑い日が続いていますね。そうなると、ついつい食べてしまうのが、アイスクリーム。今はコンビニでも毎週新製品が発売されるなど、ちょっとしたアイスブームです。

しかし、もっと自分らしくアイスを楽しみたい! 家族や友達とオリジナルのアイスを食べて盛り上がりたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。

自宅でアイスクリームを作れる機械というものは、以前から多数発売されています。しかし、アイスを冷凍庫で冷やすのに数時間かかったりするため、ちょっと作って食べたいという場合には不向きなものがほとんどです。


Image: ハイアール


そんななか発売されたのが、ハイアールの「アイスデリ」です。この製品の最大の特徴は、本体だけでアイスミックス(アイスの素)の撹拌から冷却まで行なえること。

その秘密は、本体に内蔵されたペルチェ素子を使った冷却装置にあります。アイスデリはこの冷却装置により、冷却しながら撹拌することができるので、短時間でアイスクリームを作ることができるのです。

そこでギズモード・ジャパン編集部では、このアイスデリを使ってアイスクリーム作りにチャレンジ。ほんとうに簡単にアイスクリームができるのでしょうか?


基本中の基本、バニラアイスクリームを作ってみよう


Photo: 三浦一紀


こちらがアイスデリ本体。基本的な使い方は、蓋を開けて、アイスミックスを入れて、蓋をして、ボタンを押すだけ。あとは出来上がりを待つのみです。


Photo: 三浦一紀


こちらが材料。牛乳、生クリーム、たまご、砂糖、バニラエッセンス。これでシンブルなバニラアイスクリームを作ってみます。基本的な分量は以下の通り。


(アイスデリ2回分)
卵黄…3個
グラニュー糖…約35g(大さじ4)
牛乳…100ml
生クリーム…200ml
バニラエッセンス…1滴

今回は、ミルクの味を引き立てるため、卵黄は2個、グラニュー糖は25gほどの甘さ控えめにしました。こうやって、自分好みにレシピを変えられるのも、自家製アイスの醍醐味ですね。


Photo: 三浦一紀


ボウルに卵黄2個とグラニュー糖をドバっと入れます。


Photo: 三浦一紀


その後、白っぽくなるまで混ぜ合わせます。


Photo: 三浦一紀


牛乳を入れて、もったりするまでかき混ぜます。よーく混ぜましょう。


Photo: 三浦一紀


別のボウルで、生クリームをとろりとするまで混ぜます。


Photo: 三浦一紀


以上2つの液体を混ぜ合わせます。よく混ぜましょう。


Photo: 三浦一紀


最後にバニラエッセンスを1滴。入れすぎると苦くなってしまうので注意!


Photo: 三浦一紀


そして、アイスデリに投入。

蓋をして、スイッチを押します。普通は「かため」でいいでしょう。これで手順は完了。あとはアイスデリが撹拌しながら冷却。1時間30分から2時間ほどでアイスができあがります。


Photo: 三浦一紀


1時間30分後。アイスができあがりました! おお、ちゃんとアイスクリームになってる!


Photo: 三浦一紀


カップに入れました。少々溶けやすいのは乳脂肪分が高いから。生クリームや牛乳の量を調整してお好みに硬さにすることも可能です。


Photo: 三浦一紀


いただきまーす。うん、ものすごくミルキーで濃厚。かつ舌触りが柔らかい。牧場の風景が眼前に広がります。

編集部のみんなにも食べていただきましたが、おいしいと評判。これ、コンビニで売っているアイスとは一味違いますよ!


アイスデリ プラスでレッドブルシャーベットにチャレンジ!


Photo: 三浦一紀


さて、実はハイアールからはもう1台お借りしていました。上位機種の「アイスデリ プラス」です。



Image: ハイアール


こちらは、調理メニューが6種類あります。冷却温度によって仕上がりの硬さを変えることができるんですね。


Photo: 三浦一紀


ということで、こちらでは、レッドブルのシャーベットを作ろうと思います。といっても、作り方は簡単。レッドブルに砂糖を入れたものをアイスデリ プラスに入れるだけ。あとはメニューで「03」のシャーベットを選んでスタートさせればOKです。

砂糖の量はお好みで。今回は20gほど入れました。ちょっと入れ過ぎかなーくらいでちょうどいいかもしれません。


Photo: 三浦一紀


こちらも約1時間30分で固まりました。見てください、シャーベットです!


Photo: 三浦一紀


はい、盛り付けてみました。おいしそうですね。どんな味かな?


Photo: 三浦一紀


うわー、ほとんどレッドブル(笑)。砂糖を入れているので、レッドブルよりは甘めですけど、シャーベットとしてはちょうどいいくらいかも。

これ、編集部の若手に大人気。そのままレッドブルを飲むよりも、気分的にはいいかもしれませんね。


冷凍不要でお手軽にアイスクリームが作れる


アイスデリを使った感想は、「簡単!」の一言。アイスクリームって、自宅で作るものだとは思っていなかったのですが、アイスデリがあれば作ってみようかなという気になると思いますよ。

なんといっても、冷凍庫で冷やす手間がないのが素晴らしい! これ1台でアイスクリーム作りが完結してしまうのは、画期的といえます。

また、上位機種のアイスデリ プラスは、アイスクリーム以外にもシャーベットや冷製スープなど、幅広い料理に利用できるのがポイント。一見面倒くさそうですが、果物や野菜と牛乳などをミキサーにかけて、それをアイスデリ プラスに入れてボタンを押すだけで、お好きなシャーベットができると考えると、意外と簡単ですし楽しいですね。

アイスデリが1台あると、家庭での手作りデザートの幅が大きく広がりそうです。

実勢価格は、アイスデリが約1万2000円、アイスデリ プラスが約1万6500円。自宅で作れるお手製アイスクリームのおいしさはプライスレスです。


Image: 三浦一紀, ハイアール
Source: ハイアール

(三浦一紀)