記録的な猛暑に襲われているアメリカ・アリゾナ州。フェニックスでは摂氏50度(華氏122度)を記録したとニュースになっています。

あまりの暑さに「うちの郵便受けが溶けてしまった」と嘆く人も現れました。

 

This plastic mailbox melted due to the heat in Mesa, Arizona


ぐにゃっ。

家の前に設置された郵便受けが折れてしおれてる……。

熱に弱い素材だったようですが、さすがに50度の暑さは想定していなかったのでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「それで最近どう?」「うちの郵便受けが溶けたよ……」

●そもそも、アリゾナ州でプラスチック製の物を使うのが間違い。

↑そもそも、アリゾナ州で何かをしようとするのが間違い。

↑そもそも、アリゾナ州が間違い?

↑金属製の郵便受けを触りたいのか?

↑レンガならそこまで暑くならないよ。

↑あるいは木とか。

↑木は華氏100度(摂氏37.7度)以上ではめちゃくちゃ暑くなるよ。日が当たっている木のデッキは誰も裸足で踏もうと思わない。

●プラスチックの下に4x4の加圧処理された木材を使わなくちゃいけないんだよ。

↑それさえも溶けたんだ。

↑それがアリゾナ。

●うちの地元のようにバットで殴られるような場所では、ちゃんとコンクリートの芯で作られているんだが。

●これぞ本当のHotmail……。

●なんてこった。キックボードを持ってるのか。
[画像を見る]

↑80年代に禁止されたのだと思ってた。

●もうすぐそっちへ引っ越ししようと思ってたんだけど……。アドバイスは?

↑引っ越しをやめろ。それ以外は冷房に頼れ。

↑家にいろ。外出するときは水を持っていけ。日中はハードなアクティビティをしてはいけない。しっかり準備しておかないとアリゾナの熱で死ぬ。

●フロントガラスに付いていてたバックミラーが、今日熱で溶けて落ちた。

●カナダ人だけど、いったい何が起きてるの?

(投稿者)「夏」だ。


連日危険なレベルの暑さで、冷房が壊れたら命に関わるとのことです。

【「ついに郵便受けが溶けた…」気温50度、記録的な猛暑のアリゾナ州】を全て見る