金浦空港でWTFの子どもたちの歓迎を受ける張雄ITF名誉総裁(2列目左から2人目)、李勇鮮ITF総裁(同中央)ら=23日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国中部の茂朱で24日に開幕する世界テコンドー連盟(WTF)主催の世界テコンドー選手権大会に参加するため、北朝鮮が主導する国際テコンドー連盟(ITF)所属のテコンドー演武団が23日、金浦空港から韓国入りした。

 演武団を率いる李勇鮮(リ・ヨンソン)ITF総裁は入国後、「まず国際テコンドー連盟代表団と演武団を招待してくれた世界テコンドー連盟の趙正源(チョ・ジョンウォン)会長と連盟に感謝申し上げる」とあいさつした。
 また「わが民族の自慢であるテコンドーの統一的な発展、さらには二つのテコンドーが合同で、わが民族のために良いことをするにあたり、寄与するために来た」と話した。    
 WTFは韓国主導、ITFは北朝鮮主導で発展してきた。ITFに所属する演武団が訪韓したのは2007年4月以来。ITFの演武団が韓国で開催されるWTFの大会に参加するために韓国入りしたのは今回が初めて。 
 演武団は24日に行われる開会式と30日に行われる閉会式で公演を行う。28日にはソウルの国技院でも公演を行うなど、来月1日に出国するまで計4回の公演を披露する。
 ITFに所属する演武団が来韓したことで、9月に平壌で開催されるITF主催の世界テコンドー選手権大会でWTFの演武団が公演を行う可能性も高まった。WTFとITFは今回の大会期間中に具体的な協議を行う予定だ。李総裁も「議論することになるだろう」と話した。
yugiri@yna.co.kr