画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスは23日、ゲーミングPCのGALLERIAシリーズにおいて、MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」推奨PCを2モデル発表した。全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売開始し、直販価格は税別で149,980円から。

両モデルとも、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」にて、DirectX 11 / 最高品質 / 1,920×1,080ドットの条件で「非常に快適」の結果を出している。また、ストレージにSSDとHDDを両搭載し、高いアクセス速度と大容量を実現した、

コストパフォーマンスを追求した「GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ST」は、上記の条件で11,898というスコアを実現。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700(3.60GHz)、チップセットがIntel H110、メモリが8GB PC4-19200(4GB×2)、ストレージが500GB SSD + 2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が80PLUS GOLD認証の500W 、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

本体サイズはW105×D350×H382mm、重量は約7.2kg。この構成で税別価格は149,980円。

高スペックを追求した「GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XF」は、上記の条件で14,089というスコアを実現。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700(3.60GHz)、チップセットがIntel H270、メモリが16GB PC4-19200(8GB×2)、ストレージが500GB SSD + 2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070 8GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が80PLUS BRONZE認証の500W、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

本体サイズはW207×D520.7×H450.2mm、重量は約13.9kg。この構成で税別価格は164,980円から。