画像提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneが勝手に電話をかけているようです!?』という質問に答えます。

***

ひょっとして、Bluetoothヘッドホンを利用していませんか? 多くのBluetoothイヤホンには、iPhoneをリモートコントロールする機能があり、特定のボタンにとある操作を行うと電話をかけはじめてしまうことがあるのです。

その操作とは、「再生/停止ボタンのダブルクリック」です。多くのBluetoothヘッドホンには、ケーブルの中ほどやハウジング(耳を覆う部分)の表面/側面などにいくつかのボタンを備えたリモコン部がありますが、それは音楽再生だけに利用されるものではありません。

リモコンにある再生/停止ボタンをダブルクリックすると、前回電話をかけた相手に発信(リダイヤル)をはじめます。ペアリングされていれば、音楽を再生しているかどうか、ロック状態かどうかに関係なくリダイヤルを開始してしまいます。覚えがなくとも、うっかり再生/停止ボタンをダブルクリックしてしまったのではないでしょうか?

この意図しないリダイヤルを防ぐ方法ですが、ダブルクリックを無反応化するようなスイッチは存在しないため、再生/停止ボタンに触れないよう注意することが基本です。このボタンを長押しすると電源がオフになるBluetoothヘッドホンの場合、ダブルクリックしないよう注意しましょう。

しかし、まったく対策がないわけではありません。ひとつは、音楽を再生していないときはBluetoothヘッドホンのペアリングを切っておくこと。もうひとつは、電話アプリの履歴を消しておくこと。履歴がなければリダイヤルできませんから、ダブルクリックしても問題ありません。