@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

アクティブサスペンション

完全アクティブ制御のエレクトロメカニカル・サスペンションは、個々のホイールを独立制御して、道路状況に的確に対応するシステムだ。

フロントカメラからのデータをもとに、システムは道路の凹凸を検知して、事前にアクティブサスペンションを調整。

アウディが開発したプレビュー機能により、クルマがその凹凸に到達する前にアクチュエーターに適切なストローク幅を伝えて、積極的にサスペンションを制御する仕組みだ。

1000分の数秒で 凹凸を吸収

このプロセスに要する時間は、わずか1000分の数秒に過ぎない。

カメラから届けられる路面情報は毎秒18回に達し、これをエレクトロニックシャシープラットフォーム(ECP)が分析処理して、ほぼリアルタイムで、すべてのサスペンションコンポーネントをコントロールする。

これにより、コーナリング中のロールや、制動および加速時のピッチングが徹底して抑え込まれるという。ドライバーは車両を完璧にコントロールでき、リアシートの乗員も仕事を邪魔されることはないのだ。
 

衝突時のボディリフト機能って?

さらに安全面では、アウディプレセンス360°、セーフティシステムとの組み合わせで、衝突の可能性をいち早く検知するのが特徴だ。

・25km/h以上で走行中
・側面衝突が避けられないと判断された場合

サスペンションのアクチュエーターを稼働させて、0.5秒以内に衝撃を受ける側のボディを最大80mm持ち上げる。

その結果、サイドシルやフロアの構造体など、強度の高い部分でダメージを吸収することが可能になる。ボディをリフトしない場合と比べて、乗員にかかる衝撃の負荷を、最大50%低減させるという発想だ。
 

アウディA4より、小回りが得意?

「ダイナミックステアリング」と「後輪ステアリング」を組み合わせた革新的コンセプトである「ダイナミックオールホイールステアリング(4輪操舵)」により、敏捷性と安定性という、相反する目標も同時に達成した。

アウディによれば、ステアリング特性はスポーティかつダイレクトで、さらに高いレベルの操縦安定性も確保するという。

なんと回転半径は、アウディA4よりも小さいというから驚きだ。

新型A8は、7月11日にバルセロナで開催される「アウディサミット」で、ワールドデビューを飾る。