Image: Mugendai(無限大)


俄然食べてみたくなります。

「一日に必要な栄養素」ってよく目にしますが、種類が多すぎて結構ハードル高くないですか。野菜だけでこんなに食べないといけないの、みたいな。

それを手助けしてくれるのが「完全食」と呼ばれるもの。便利さからすでに食卓にも浸透し始めていますが、いかんせんペーストだったりスティックだったり、ちょっぴり味気ないのが寂しいんですよね…。

そんな「完全食」に革命を起こすべく開発されたのが、「BASE PASTA(ベースパスタ)」と呼ばれる商品。これはパスタ状の完全食で、ただ栄養を摂取するだけではなく食の楽しみも満たされるのが最大の特徴です。

開発者であり、ベースフード株式会社の設立者である橋本舜さんのインタビューが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)に掲載されていましたよ。


日本から世界の「食」を変える! 必要な栄養素がぎゅっと詰まった「完全食パスタ」
Image: Mugendai(無限大)


橋本さんは、東京大学卒業後、DeNAで自動運転などの開発に携わっていた方。事業を通じた社会貢献を突き詰めていくうちに人々の健康について思いをはせるようになり、一見畑違いとも思える食品業界に参入したのだそうです。


日本から世界の「食」を変える! 必要な栄養素がぎゅっと詰まった「完全食パスタ」
Image: Mugendai(無限大)


気になるBASE PASTAの材料ですが、小麦の全粒粉、もち米粉、ビール酵母、チアシード、グレープシードオイル、海藻類、ビタミンなど10種類以上の食品。これらから作られた生麺は、味や香りとともにもちもちとした食感が楽しめると評判。そばに近い味だと言う人もいれば、ライ麦パンに似ているとも言われるそうです。


日本から世界の「食」を変える! 必要な栄養素がぎゅっと詰まった「完全食パスタ」
Image: Mugendai(無限大)


「日本はイノベーションの後進国と見られがちですが、プロダクトやサービスは一流だと確信しています」という橋本さん。BASE PASTAも世界を目指しており、ニューヨークを足がかりに、アメリカ全土での展開を目標としているそうですよ。

その他にも、パンやラーメンの完全栄養化の可能性や、完全食による途上国への支援など、橋本さんの熱い志はMugendai(無限大)からぜひ続きをお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)
Source: Mugendai(無限大)

(渡邊徹則)