リアム・ギャラガー、ソロ初のアルバム『As You Were』発売 日本で単独公演開催も

写真拡大

 リアム・ギャラガーが、10月6日にソロとして初のアルバム『As You Were』を発売する。

(関連:リアム・ギャラガー、メインストリームで勝負するための“英断” モダンな意匠施した新曲を解説

 同作には、6月1日にソロ作第一弾として発表し、グレッグ・カースティンがプロデュースした楽曲「ウォール・オブ・グラス」などを収録。同曲を含む4曲をリアムが全ての楽器を演奏しており、そのほかの楽曲はグラミー賞受賞プロデューサー、ダン・グレッグ・マーグエラットが手掛けている。また、同作のジャケットは、ファッション・デザイナーでありクリエイティブディレクターとして著名なエディ・スリマンが担当した。

 無駄を一切省き、リアムの歌に特化した同作は60〜70年代のクラシック・ロックからの影響も強く出ており、リアムはアルバムに関して「何かを再構築しようとか、やたら小難しいことをやろうなんて思っちゃいなかった」「ジョン・レノンの『コールド・ターキー』やストーンズといった昔ながらのノリだ。それを今のオレ流にやったんだ」とコメントしているとのこと。

 なお、本日よりアルバムのプレオーダーがiTunesにてスタート。今予約をすると先行配信トラック「ウォール・オブ・グラス」をすぐにダウンロード可能となっている。日本盤の詳細は後日発表される。

 また、リアムは『ソニックマニア』、『サマーソニック』大阪公演で来日するほか、『サマーソニックエクストラ』として8月17日にZEPP TOKYOにて一夜限りの単独公演を開催する。(リアルサウンド編集部)