「東京喰種」喫茶店“あんていく”が渋谷駅にOPEN サンドイッチなどお馴染みのメニューが勢揃い(C)2017「東京喰種」製作委員会(C)石田スイ/集英社

写真拡大

【東京喰種/女子旅プレス】俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)の劇中に登場する喫茶店“あんていく”が、JR渋谷駅構内に2017年7月1日(土)〜7月31日(月)の期間限定でオープンする。

【さらに写真を見る】「東京喰種」喫茶店“あんていく”が渋谷駅に限定OPEN 映画の世界観が味わえるオリジナルメニューも

♥“喰種“になった気分でカフェタイム


JR渋谷駅の山手線外回りホーム上に1ヶ月限定でオープンする“あんていく”は、元々原作でも主人公のカネキ行きつけの喫茶店として登場し、一見普通の喫茶店だが、実は客も店員も喰種という、喰種にとって情報交換の場であり、一時の心安らげる場所として描かれている。

今回のショップでは、人間の食べ物は不味く感じる喰種が唯一美味しく味わうことのできる“あんていく”オリジナルと銘打ったコーヒーをはじめ、オレンジジュースやカフェオレなど全9品が勢揃い。また劇中でもおなじみのサンドイッチ3種も味わえる。

さらに映画の小道具や衣装の展示や「東京喰種」の映像が上映されるなど、“喰種“になった気分で「東京喰種」の世界観を堪能することができる。

♥「東京喰種 トーキョーグール」とは


世界累計発行部数3000万部突破を誇る石田スイ氏の人気コミックを実写映画化した同作。原作は、アニメ、舞台、ゲーム化と幅広く展開され、窪田を主演に迎え、実写映画化する。

舞台は、人の姿をしながら、人を喰らう怪人「喰種(グール)」が潜む東京。ある事件に遭遇し、半分人間・半分喰種になってしまった主人公・金木研(カネキ/窪田)は、人の命を奪い、喰い生き永らえる“喰種”の存在に疑問を抱き、人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤しながら生きることに。喰種は人間と同じ世界に生きるため、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(喰種対策局)の捜査官が現れ、熾烈な戦いに身を投じる様を描く。(modelpress編集部)

♥喫茶店“あんていく”


場所:JR渋谷駅山手線外回りホーム上  
開催期間:2017年7月1日(土)〜7月31日(月)
営業時間:9時半〜21時(フード、ドリンクL.O.20時半)※最終日のみ17時閉店(予定)
メニュー:「あんていく」オリジナル アイスコーヒー:300円
「あんていく」オリジナル アイスカフェオレ:340円
「あんていく」オリジナル オレンジジュース:300円
「あんていく」オリジナル ブレンドコーヒー(ホット):300円
「あんていく」オリジナル アメリカンコーヒー(ホット):300円
「あんていく」オリジナル カフェオレ(ホット):340円
ふつうのサンドイッチ(ミックスサンド):340円
ふつうのサンドイッチ(コロッケミックスサンド):320円
ふつうのサンドイッチ(たまご&ポテトサラダハムサンド):320円
※ムビチケ(映画前売券)発売予定(1400円)

【Not Sponsored 記事】